2018年10月19日金曜日

十字架を負って


自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、

  わたしにふさわしい者ではありません。

           マタイの福音書1038



イエス・キリストは、あなたを愛して十字架にかかり、
あなたと私の罪の身代わりになって裁かれ神に捨てられて、よみに降られました。

私たちは赦され、救われたのです。
あなたがイエスの愛に感動して、
この方についていきたい、この方に倣いたいと思われると、
あなたの人生の中に小さな十字架が始まります。

誤解されたり、
わかってもらえなかったり、
一生懸命愛して仕えているのに、
冷たくされたり、馬鹿にされたりするようなことが起こります。
孤独の中を通ることもあります。

でも、そんな時、
イエス・キリストの方を向いて、
イエスの十字架にあなたの目を向けて、心を傾けてください。

その十字架を負い続けていくことの出来る愛の力が
イエス様の十字架から注がれてきます。

あなたは知るでしょう。
自分は1人ではないと。
そして、私のことを本当に知り、愛してくださっている方がいることを、
さらに深く深く知ることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿