2016年10月6日木曜日

10/6 (木) 弟子たちの召命②







話が終わると、シモンに、

「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」

と言われた。

するとシモンが答えて言った。

「先生。私たちは、夜通し働きましたが、

 何一つとれませんでした。

 でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」

そして、そのとおりにすると、

たくさんの魚がはいり、網は破れそうになった。

・・・・・中略・・・・・・

イエスはシモンにこう言われた。

「こわがらなくてもよい。

 これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」

彼らは、舟を陸に着けると、

何もかも捨てて、イエスに従った。



ルカの福音書5章4・5・6・10•11節



シモン・ペテロの召命

イエスが語る神の言葉を聞いた群衆たちは、

主イエス・キリストのところに押し迫っています。



それでイエス・キリストは、

漁師に頼んで、ガリラヤ湖の湖畔にあった小舟の一つに乗り、

その小舟を少し漕ぎだしたところから、群衆に教えられました。



話しが終ったとき、

イエス・キリストは、その小舟の持ち主だったシモンに



「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」と言われました。



実は、シモンは、昨晩、夜通し漁に行ってきたところだったのです。

しかも、一匹も取れなかったのです。

こんなことは、滅多にないことでした。

捕れるはずの魚が、まったく一匹も取れなかったのです。



シモンは疲れていました。

やっと網を洗って片づけたばかりでした。

もう体も心もへとへとに疲れ切っていたので、

これから家に帰って休もうと思ったところでした。



そのときイエス・キリストが、言われたのです。



「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」。



このころ、イエス・キリストは、

すばらしい御言葉を語り、

力ある奇跡や、いやしのわざを始めていらっしゃいました。

そのため、多くの群衆が周りに集まり始めていました。

とは言っても、やはりイエス・キリストは大工でした。

しかし、シモンはプロの漁師でした。

しかも、ガリラヤ湖に関しては、熟知しているプロのプロでした。



ですから、シモンは思わず、ひとこと言いました。



「私たちは夜通し働いたのですよ。

 それでも何一つとれなかったのです」と。



しかし彼は



「でもおことばどおり、網をおろしてみましょう」と言って、



主の言われたことに従ったのです。

まさか魚が捕れるとは思ってもいなかったでしょう。

「また疲れるだけだ」と思っていたかもしれません。

けれども、シモンはイエス・キリストの言葉に従ったのです。



そのとき奇跡が起こりました。

昨晩、プロの中のプロだったシモンが

夜通し働いても一匹も取れなかった魚が、

イエス・キリストの言葉どおりに従ったときに、

網が破れそうになるほどたくさんの魚が取れたのです。



彼らの舟だけでは、入り切らないので、

仲間の者に合図して、

助けに来てもらわなければなりませんでした。



そして魚を両方の舟にあげたところ、

あまりにいっぱいだったので、2そうとも沈みそうになりました。



これを見たシモンたちは、驚きイエスの足もとにひれ伏して言いました。



「私のような者から離れて下さい。

 私は、罪深い人間ですから。」



しかしイエスは、このときシモンに、こう言われたのです。

 

「こわがらなくてよい。

 これから後、あなたは人間を取るようになるのです」。



舟が陸に着いたとき、

シモンをはじめ、彼らは、

もう何もかも捨てて、イエス・キリストに従っていきました。



主は、あなたのところにも来られます。

あなたの日々の生活のただ中に来られて、

シモンに語られたように、あなたにも語られるでしょう。



「深みに漕ぎ出して網をおろしなさい」と。



そのとき、あなたが、どんなにそれが無駄だと思えても、

そんなことをしても、何にもならないと思っても

主がおっしゃる言葉に従ってほしいのです。

シモンが従ったように・・。



もし、あなたが、そのときどんなに疲れていても、

心が痛んでいても、

主の言葉には従ってみてください。



あなたの体の疲れも、心の痛みも忘れてしまうほどの祝福と恵みを

主は、あなたに用意して、待っていてくださるのです。

驚くあなたに、主は、きっと言われることでしょう。



「これから後、あなたは人間をとるようになるのです」と。



そして、あなたは人生のすべてを、この方に捧げて、

すべてを捨てて、従っていきたいと、思われるでしょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿