2016年8月13日土曜日

8月13日(土) 不妊の胎が開かれて①








御使いは彼に言った。

「こわがることはない。ザカリヤ。

 あなたの願いが聞かれたのです。

 あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。

 名をヨハネとつけなさい。」


       ルカの福音書1章13節





イエス・キリストが生まれる半年前に、

ひとりの男の子が生まれます。

名をヨハネといいます。

このヨハネは、

イエスさまの12弟子のヨハネとは別人で、

悔い改めのバプテスマを授けたことから

「バプテスマのヨハネ」と言われています。



祭司ザカリヤの妻で、

不妊であった年老いたエリサベツという女性が、

彼、バプテスマのヨハネを身ごもりました。



それはまさに奇跡でした。



そして、その誕生には神さまの深い憐れみに満ちた愛と、

ヨハネの両親である父のザカリヤと母エリサベツへの

主の整えがあったのです。



このことについて書きたいと思います。

もしあなたが長い間祈り、願い続けていることが、

まだ答えられないでいるなら、

きっと主はあなたに励ましを語ってくださることでしょう。



また自分の不信仰を嘆きながら、

もう神さまは約束を果たされないのでは、

と恐れている方がいらっしゃるなら、

きっと主はあなたに、

私たちの不信仰にもかかわらず、なしてくださる主の真実と憐れみの深さを教えてくださるでしょう。



続く


0 件のコメント:

コメントを投稿