2016年7月28日木曜日

7/28(木) 家族のものが敵となる




さらに、家族の者がその人の敵となります。

マタイの福音書10章34節


イエス・キリストは家族のことについても語られました。

「わたしが来たのは  

地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。  


わたしは、平和をもたらすためではなく、  


剣をもたらすために来たのです。  


なぜなら、わたしは人をその父に、娘をその母に、  


嫁をそのしゅうとめに逆らわせるために来たからです。」


イエスのこの言葉を聞くと、

まるでイエス・キリストが来たのは、

家族を分裂させるために来たように聞こえます。

でもこれは訳の問題で、

この「ために」というのは、理由ではなく、結果を表していて、

キリストが来た「結果として」、と言う意味です。

つまり、イエス・キリストが来たことによって、

真の平和をもたらす福音が宣べ伝えられたので、

その結果として、

福音を受け入れる者と受け入れない者の間では、

たとえ家族でも、ぶつかり合うようになり、

息子が父に、娘が母に、嫁がしゅうとめに逆らうことになります。


その結果として、

「さらに、家族の者がその人の敵となります。」

家族を愛し大切にしなければいけません。

しかし、神さまよりも大切にしてはいけないのです。


私たちが、イエス・キリストを信じ、愛して従って行くとき、

父や母よりもイエス・キリストを愛し、

キリストを本当に第一としていかないと、

イエスに従いていけなくなる時があります。 だからイエスは、

さらに、

こう言われました。


「わたしよりも父や母を愛する者は、  


わたしにふさわしい者ではありません。  


また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、  


わたしにふさわしい者ではありません。」


イエス・キリストよりも父や母を愛すると、

イエスにふさわしい者とはならなくなるのです。

またイエス・キリストよりも息子や娘を愛すると、

イエスにふさわしい者とはなれないのです。

イエス・キリストを誰よりも、何よりも愛して、

イエス・キリストを第一にして、

イエス・キリストに従っていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿