2016年7月14日木曜日

7/14(木) 12弟子の任命





イエスは十二弟子を呼び寄せて、

汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。

霊どもを追い出し、

あらゆる病気、あらゆるわずらいを直すためであった。




       マタイの福音書10章1節





イエスは、ご自分が選ばれた12人の弟子を呼び寄せて、

汚れた霊どもを制する権威を、お授けになりました。



12弟子が、霊どもを追い出し、

あらゆる病気、あらゆるわずらいを直すためでした。



彼らは使徒と呼ばれました。

使徒とは、

「特定の使命のために職権をゆだねられて、遣わされた者」

という意味があります。



使徒に選ばれた12人の名前は、

まずペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、

ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、

ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、

アルパヨの子ヤコブとタダイ、

熱心党員シモンとイエスを裏切ったイスカリオテのユダ、

この12人でした。

売国奴と言われ同胞から税金を取っていた取税人マタイから、

ローマにも屈しない熱狂的愛国主義者の熱心党のシモンまで、

今で言えば、右から左まで、正反対の立場にいた者たちをはじめ、

実に幅広くイエス・キリストは、使徒たちを選ばれたのです。



イエス・キリストは、過去に縛られず、偏った見方をなされず、

一人一人の心をご覧になって、選んでくださるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿