2016年6月9日木曜日

6/9(木) 御国が来、御心が天でも地でも行われますように。



御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。

マタイの福音書6章 節

御名を心からあがめ、信仰が引き上げられた後に、

「御国が来ますように。」

と続きます。
これは、もちろん天の御国、神の国のことですが、
天の御国はこの世、つまりこの地上ではなく、天にあります。
この地上では、最初の人間であるアダムが神に背いて、
蛇、つまりサタンに従った結果、つまり罪を犯した結果、
この地上の支配権は、人間からサタンに移りました。
今は、サタンがこの世を支配しています。
ですから、そのサタンの支配しているこの世、この地上に
御国、神の国である天国が来るようにということです。

天の御国、天国では、神さまが完全に、ご支配されています。
ということは、つまり御国が来るようにとは、
サタンが支配しているこの世であるこの地上に、
神のご支配が完全に現されるようにということなのです。

もう少し分かりやすく言うと、
毎日の生活の中で起こる様々な問題やトラブル、
その中に、神さまのご支配が現されて、
神さまの愛の中で、正しい完全な解決がなされていくように、
という祈りなのです。

そして、そのことを、さらにはっきりと言ったのが次の祈りです。

「みこころが天で行われるように地でも行われますように。」

みこころとは、神さまの御心、
つまり、神さまの計画や神の御思いが、天で行われるように、
この地上でも行われるように。

天で神さまの御心が行われるのは当たり前のことです。
天は、神さまのご支配されているところだからです。

それと同じように、
サタンが支配しているこの地上でも、
神のみこころが行われるようにということですね。

つまり、神さまの持っている愛に溢れた計画や
一人一人に対して持っておられるあわれみに満ちた神の御思い、
それらが、この地上で具体的に行われるように。
サタンに妨げられることなく、
神さまの計画と御思いが、
天で行われるように、
この罪に満ちたサタンの支配している地上でも
完全になされるように。
という願いのこもった祈りなのです。

神さまのご支配がこの地上に現されて、
天で神さまの計画が完全に行われるように、
この地上でも、神さまの計画と御思いが完全に行われるように。

そう祈りなさいとイエスは教えられました。

0 件のコメント:

コメントを投稿