2016年6月2日木曜日

6/2(木) 赦し合い、和解し、仲良く暮らす秘訣


あなたを告訴する者とは、

あなたが彼といっしょに途中にある間に早く仲良くなりなさい。そうでないと、告訴する者は、

あなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡して、

あなたはついに牢に入れられることになります。

               マタイの福音書5章24
イエスはさらに、こんなことを言われました。
昔の人々に
『人を殺してはならない。
 人を殺す者は裁きを受けなければならない。』
と言われたのをあなたがたは聞いています。
しかし、私はあなたがたに言います。
兄弟に向かって腹を立てる者は、
だれでもさばきを受けなければなりません。
兄弟に向かって『能無し』と言うような者は、
最高議会に引き渡されます。
また、『ばか者』と言うような者は燃えるゲヘナに投げ込まれます。
と。
これは、どう言うことかというと、
実際に人を殺すという行動をしていなくても、
心の中で腹を立て、
『能無し』とか『ばか者』のように言葉に出して
相手を罵ったり、嘲ったりしてしまうなら、
そのこと自体が罪なのですよ、とイエスは教えられたのです。
そしてその罪は、
実際に人を殺すという行為にまで行かなくても、
神様の前で裁かれ、
ゲヘナ、わかりやすく言えば地獄に落とされてしまいます。
と警告されたのです。
人を殺したことのある人は、
平和な今の時代には、そんなにいないと思います。
でも、人に腹を立て、
ばかにしたり、嘲ったりしたことはあるのではないでしょうか???
私たちはこのままでは、
決して天の御国に入ることはできない存在、罪人なのですね。
イエスはさらに続けて言われます。
「だから、祭壇に供え物を捧げようとしているとき、
 もし兄弟に恨まれていることをそこで思い出したなら、
 供え物はそこに、祭壇の前に置いたままにして、
 出て行って、まずあなたの兄弟と仲直りしなさい。
 それから来て、その供え物をささげなさい。」
と。
供え物をささげるより、
まず恨まれている兄弟と仲直りをしなさいと言われました。
もちろん、自分が恨んでいる兄弟がいるなら、
その兄弟を赦して、仲直りしなさいと言われているのです。
イエス・キリストを信じて生きるというのは、
難しい真理を解明するということよりも、
実際に生活している職場や学校や家庭や地域という現場で、
日々起こってくるいろんないさかいや問題の中で、
イエス・キリストの恵みと愛によって、
お互いに赦し合いながら、ともに和解しあって、
仲良く暮らし、生活していくことなのです。
そしてそれは、イエス・キリストの助け、
神の霊である聖霊の力がないとできませんね。
イエスはこう続けられました。
「あなたを告訴する者とは、
 あなたが彼といっしょに途中にある間に早く仲良くなりなさい。  
 そうでないと、告訴する者は、
 あなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡して、
 あなたはついに牢に入れられることになります。
 まことにあなたに告げます。
 あなたは最後の一コドラントを払うまでは、
 そこから出ては来られません。」
と。
誰かに訴えられたなら、
その人に告訴される前に、とにかく早く仲良くなりなさい。
と言われています。
イエス・キリストは、自分が赦すことと同時に、
自分が誰かに対して罪を犯し、失礼をした場合には、
きちんとあやまり、謝罪して、自分も相手から赦されて、
和解して、仲良くなることを言われているのです。
赦しあうこと、和解すること、そして仲良くすること、
人が集まると、必ずぶつかりや軋轢(あつれき)が生じます。
親しい人であればなおさら、気を許して言いたいことを言ったり、甘えが出て失礼な態度をとってしまったりすることもあるでしょう
私たちは弱い罪人なのです。
でも、だからこそ、
互いに赦し合い、和解して、
仲良く暮らし生活していくことが、とても大切なのです。
そして、それは私たちの自分の力でするには限界があります。
だからこそ、イエス・キリストを信じ、
十字架で赦しを与え和解を与えてくださった
このイエス・キリストの恵みと愛の中で、
聖霊様の力をいただいて、
赦し、赦され、和解して、
仲良く暮らしていきましょう。
夫婦が赦し合い、親子が和解し、家族が一つになって仲良く暮らす。
職場で同僚と赦し合い、上司や部下と和解し、
本当に良い仕事をするために、仲の良い明るい職場になる。
学校でクラスメートや友達と仲直りし、先生と和解し、
みんないっしょに仲良く勉強し、いっしょに遊ぶ。
イエス・キリストは、
私たちの生活の現場に本当の幸せ、赦しと和解、
そして仲良くともに生きることを与えてくださるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿