2016年6月13日月曜日

6/13(月) 断食




あなたが断食するときには、
自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい。


     マタイの福音書6章17節



イエス・キリストは「主の祈り」を教えられた後、

「赦し」について語り、

さらに「断食」について語られました。



「断食するときには、偽善者たちのようにやつれた顔つきをしてはいけません。

 彼らは、断食していることが人に見えるようにと、その顔をやつすのです。」



断食するときには、やつれた顔つきをしてはいけません。

とイエスは言われました。



断食をすることは、神さまに祈り求める姿勢として、とても良いことです。

しかし、ある人たちは、

断食していることを人に見せびらかすために、顔をやつしていたのです。

神さまに心を向けて祈るのではなく、

人に見せびらかすために、顔をやつして断食していたのです。



「まことに、あなたがたに告げます。

 彼らはすでに自分の報いを受け取っているのです。」



「まことに」というのは「アーメン」という言葉で、

「本当にその通りです」という意味です。



とても大切なことを言うときに、イエス・キリストは、よくこう言われました。



「まことに、あなたがたにつげます。」と。



このときも、大切なことを言うので、よく注意して聞きなさい。

と言って、こう続けられたのです。



彼らは、つまり顔をやつして断食を人に見せびらかしている人たちは、

すでに自分の報いを人から受け取っているのです。と。

だから神さまからは報いはないのです。

神さまからの報いは受け取れないのです。



では断食するときは、どうすれば良いのでしょう。

イエスは続けて言われます。



「しかし、あなたがたが断食するときには、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい。

 それは、断食していることが、人には見られないで、

 隠れた所で見ておられるあなたの父に見られるためです。

 そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が報いてくださいます。」



断食するときは、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい。

とイエスは言われました。

つまり、人に断食していることが、わからないようにして断食しないと、言われました。

そうすれば、隠れた所で見ておられる父なる神さまが、

あなたの祈りに応え、断食に報いてくださるのです。



私たちは、ともすれば、祈るときも、断食するときも、

本来神さまに心を向けてささげるべきものなのに、

気がつくと、人に見せるためにしていることがあります。


気をつけなければいけませんね。


人に見せるため、

人に聞かせるためではなく、

隠れた所で見ておられる父なる神さまに、心を向けて祈りましょう。

隠れた所で見ておられる父なる神さまの前で、断食しましよう。



あなたを愛してやまない父なる神さまは、

あなたのその祈りに応え、

その断食に驚くほど豊かに報いてくださいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿