2016年6月11日土曜日

6/11(土)  赦し



私たちの負いめをお赦しください。

私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。

         マタイの福音書612

日ごとの糧を求め、毎日の必要を具体的に大胆に求めた後は、

「私たちの負いめをお赦しください。」

と神さまに、負いめの赦しを求めます。
この「負いめ」という言葉は「罪」とも訳せる言葉なので、
私たちがいつも祈る《主の祈り》では、
「我らの罪をもお赦しください。」と祈っています。
つまり、自分の罪の赦しを求めているのです。

そして、その後に、

「私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」

と続きます。
神さまが私たちを赦してくださったので、
私たちも、私たちに負いめのある人、
つまり私たちに罪を犯した人を赦しますと続くのです。

私たちは自分自身の罪を、
イエス・キリストの十字架によって、赦していただき、
その赦された恵みの中で、
今度は、私たちに対して罪を犯す人に対して、赦すのです。

これは祈りにおいて、とても大切なことです。

昨日も書きましたが、
「赦し」は祈りが答えられる大切な鍵の一つなのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿