2016年5月5日木曜日

5/5(木) 怒りに燃えたヘロデ王の幼児虐殺

怒りに燃えたヘロデ王の幼児虐殺


博士たちが、
エルサレムによらずに、
別の道から帰ったことがわかると、

ヘロデ王は、博士たちにだまされたと思い、非常に怒ります。

そして、ベツレヘムと、その近辺の2歳以下の男の子を
一人残らず殺させました。
どうして2歳以下かというと、
博士たちから突き止めておいた時間から割り出したのです。

ヘロデは自分を脅かすことになる存在を、
徹底して排除するために、
2歳以下の男の子を全て殺させたのです。

ヘロデは恐れたのでしょう。

それにしても人間の欲の深さには驚かされます。
自分の身を守るために、
まだ2歳にも満たない可愛い男の子たちを、
皆殺しにするのですから・・

しかし、
このような悲しいことも神様は前もって、
預言者エレミヤを通して語っておられたのです。

神様は全てのことを知っておられるのですね。

もちろん、イエス・キリストは、
ヨセフが、夢で、主の使いに語られたことに、
すぐに従ったので、
この時はもうエジプトに逃げていて、守られました。

すぐに従うことは大切ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿