2016年5月29日日曜日

5/29(日) 喜びなさい。喜びおどりなさい。

義のために迫害されている者は幸いです。 

天の御国はその人たちのものだから。 

わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、 

ありもしないことで悪口を浴びせるとき、 あなたがたは幸いです。 

喜びなさい。喜びおどりなさい。 

天ではあなたがたの報いは大きいから。 

あなたがたより前にいた預言者たちを、 

人々はそのように迫害したのです。

マタイの福音書5章10・11・12節


イエスさまはさらに続けて言われます。



「義のために迫害されている者は幸いです。」


義のためにとは、


つまり義である方、キリストのために、


キリストのゆえに迫害をされるとき、


イエス・キリストは幸いだと言われるのです。


迫害されることは辛いこと、


厳しいこと、


大変なことと言うならわかりますが、


幸いだと言われるのです。


なぜなら、天の御国はその人たちの者だからと。


もう少し具体的に言えば、


ありもしないことを言われたり


悪口雑言言われたりするときには、


「喜びなさい。喜びおどりなさい。」


と言われるのです。



それは、そのような迫害を受けるなら


天では大きな報いを受けるからだと言われるのです。


私たちがキリストを心から愛し、真に従って行くなら、


この世では、迫害を受けることは避けられません。


サタンがこの地上を支配しているからです。


もちろん、主の許しの範囲の中かだけですが・・・


また実際に迫害をしてくるのは人ですが、


その背後にサタンが働いています。


ですから、迫害する人がいなくなったとしても、


また別の形で、別の人が迫害してくるということが起こるのです。


かつて神の言葉を語った預言者たちも、


人々から、そのように迫害されました。


時が流れ、時代が変わっても、


神の言葉を語るもの、神の言葉に生きるものは、


必ず迫害を受け、ありもしないことを言われるのです。


迫害されるのも、


ありもしないことを言われることも、


悪口雑言言われることも嬉しいことではありません。


でも喜びましょう。喜びおどりましよう。


イエスがそう言われたのですから。


私たちは、その報いを天で受けるのです。

これは確かなことです。


どんな報いでしょうか。


殉教者が受ける冠?かもしれません。


どんなものかは分かりませんが、それは確かなことです。


そして天の報いは最高の祝福なのです。

神さまは地上でも報いてくださいます。

しかし、地上の報いはどんなに長くても120年、

多くの報いは、

永遠の御国である天には持っていけないものばかりです。



しかし神さまが与えてくださる報いは、天の報いなのです。



これは永遠に残る確かな報いなのです。



天国は本当にあるからです。


そしてその天国に私たちは、イエス・キリストのみ前に悔い改め、キリストを信じたのなら、必ず行けるのです。


そして永遠に私たちはそこでやがて住まうのです。


これ以上に確かな場所、大切な場所はありません。


そこで報いを受けるのです。


だから、迫害されるとき、


ありもしないことで悪口を言われるとき、


喜びましょう。躍り上がって喜びましょう。


天で大きな報いが待っているから・・

0 件のコメント:

コメントを投稿