2021年1月7日木曜日

「シャローム」主が共にいる!

 1月7日(木) 「シャローム」主が共にいる!

平安があなたがたにあるように。


ヨハネの福音書20章19節



復活されたイエスは、

その日、すなわち週の初めの日の夕方、

弟子たちのところに来られました。


弟子たちは、

ユダヤ人を恐れて戸を閉め切っていましたが、

復活されたイエスは

その閉められていた扉を通り抜けて、

彼らの中に立ってこう言われたのです。


「平安があなたがたにあるように」


これはヘブル語で

「シャローム」という言葉です。

シャロームというのは、

日本語では平安と訳されていますが、

ただの平安ではありません。

神が共にいる平安、もう少し砕いて言えば、

「神が共にいるから大丈夫!」という意味での平安です。


イエスは「シャローム」と言われたあと、

その手とわき腹を弟子たちに示され

驚いている弟子たちに、

本当に自分だと示されました。


弟子たちは、主を見て喜びました。

嬉しかったと思います

イエスがよみがえられたのです。

そして今、復活された主が

目の前に共にいてくださるのです。


イエスが共にいる、神が共にいる、

これにまさる祝福はありません。


裏切り逃げた弟子たち、

ユダヤ人を恐れて戸を閉めて隠れていた弟子たち、

そんな弟子たちのところに来て

イエスは「シャローム」

「私が共にいるから大丈夫だよ」

と言われたのです。


あなたが今、どんなところにいて、

どんな状況であったとしても、

イエスはあなたのところにも来て言われます。


「シャローム」

「私が共にいるから大丈夫だよ」と。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿