2020年11月11日水曜日

浦上、長崎の地にリバイバルが起こる!

11月11日(水) 浦上、長崎の地にリバイバルが起こる!


すなわち、

廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。


                                使徒の働き15章16節後半



この聖書の箇所を

今年度、神は語ってくださいました。


「廃墟と化した幕屋を建て直す」とは、

かつてこの長崎、浦上は、

キリシタンの町・村であり、

イエズス会に寄進されたこともありました。

それで秀吉が怒りバテレン追放令を出し、

やがて26聖人の殉教に至ったのです。

ここはキリシタンの町だったのです。

島原半島には

セミナリオ、大きな神学校もありました。



主イエスは再び、

この浦上、長崎の地に

信仰の町を復興させ、

リバイバルを与えて、

キリストを中心としてた町にする。

元どおりにする。と語られたのです。


この浦上の地に教会、祈祷院、

精神科を中心とした総合病院、

神学校を中心とした

保育園から大学院まである総合学園、

その他に、

グループホームや老人ホーム、

介護施設や障害者の施設など、

いろんな施設を建てあげると語られたのです。


神ご自身が

この地の人々を救い、永遠の命を与え、

生きた信仰を与えて、

リバイバルの働きを起こされるのです。



しかし私には、私たちには、

そんな力は全くありません。

悲しいことに、

それをする情熱や意欲さえないのです。

それほど私たちは弱く罪深いのです。


しかし、

私たちの内には聖霊様が住んでおられます。

その聖霊様は、

神が与えられたこのみことばと約束に応答され、

私たちを導き引っ張り出して、

この約束の成就を与えてくださるのです。


あぁ、何と言う恵みでしょう。


これから神は

教会の一部である

私たち一人一人を建て直して、

教会を建て直し、

浦上の地に信仰の町を建て直し、

長崎の地に

リバイバルの働きを具体的に現していかれます。



私は信じます。

神のことばと約束を信じます。


全く自分に、

その力も情熱も意欲もないことを認めた上で、

愛の神を信じます。

真実な主イエス・キリストを信じます。

そして

聖霊様が導いてくださることを信じています。



イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿