2020年10月31日土曜日

No.122 神が戦って勝利を取ってくださる。

10月31日(土) 神が戦って勝利を取ってくださる。

 10月31日(土) 神が戦って勝利を取ってくださる。

この戦いではあなたがたが戦うのではない。

しっかり立って動かずにいよ。

あなたがたとともにいる主の救いを見よ。


      歴代誌 第二20章17節



ユダの王であったヨシャパテは、

モアブ人とアモン人が、

ヨシャパテと戦おうとして

大軍で攻めてくるのを見て恐れました。

絶体絶命だったからです。

どう考えても勝ち目がないどころか、

皆殺しにされて全滅されてしまう

と思えるほど相手が強かったからです。


それで、ヨシャパテは、

ただひたすら主に求め、

ユダ全国に断食を布告しました。

ユダの人々は集まって来て、

主の助けを求め、主を求めて祈りました。


主を賛美し、約束を告白し、

今の絶体絶命の状況を話し、

最後に助けを求めたのです。

「私たちに立ち向かって来た

 このおびただしい大軍に当たる力は、

 私たちにはありません。

 私たちとしては、

 どうすればよいかわかりません。

 ただ、あなたに私たちの目を注ぐのみです。」


その時、主の霊が集団の中で、

アサフ族の出のレビ人ヤハジエルの上に臨み、

彼は預言して言いました。

「ユダのすべての人々とエルサレムの住民

 およびヨシャパテ王よ。よく聞きなさい。

 主はあなたがたにこう仰せられます。

『あなたがたはこのおびただしい大軍のゆえに

 恐れてはならない。気落ちしてはならない。

 この戦いはあなたがたの戦いではなく、

 神の戦いであるから。・・・・」と。


そして、さらにこう続きました。

この戦いではあなたがたが戦うのではない。

 しっかり立って動かずにいよ。

 あなたがたとともにいる主の救いを見よ。

 ユダおよびエルサレムよ。

 恐れてはならない。気落ちしてはならない。

 あす、彼らに向かって出陣せよ。

 主はあなたがたとともにいる。』」


ヨシャパテとユダのすべての人々と

エルサレムの住民は、その言葉を信じて

主の前にひれ伏して主を礼拝し、

大声を張り上げて

イスラエルの神、主を賛美したのです。


そして、彼らは翌朝早く、

賛美隊を先頭に立てて、出陣しました。


彼らが喜びの声、賛美の声をあげ始めたとき、

主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアモン人、

モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、

彼らは打ち負かされ、全滅しました。


のがれた者はひとりもいなかったのです。


そしてヨシャパテとその民が分捕りをしに行くと、

その所に、武具、死体、高価な器具を

数多く見つけました。

それが、あまりにも多かったので、

彼らはその分捕りに三日かかり、

四日目に、彼らはベラカの谷に集まり、

その所で主をほめたたえました。



あなたが、

どんな困難や試練の中で

絶体絶命だと思っても、

主である神の御前に出てきて、

喜びの声を上げ、賛美の声をあげるなら、

神はそこから奇跡をはじめられるのです。

そして、あなたは圧倒的な大勝利を見ます。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年10月30日金曜日

No.121 あなたも私もイエスの行うわざを、さらに大きなわざを行える

あなたも私もイエスの行うわざを、さらに大きなわざを行える

 10月30日(金) あなたも私もイエスの行うわざを、さらに大きなわざを行える

まことに、まことに、あなたがたに告げます。
わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、
たそれよりもさらに大きなわざを行ないます。
わたしが父のもとに行くからです。

        ヨハネの福音書14章12節


イエス・キリストは弟子たちに言われました。
わたしを信じる者は、
わたしの行うわざを行い、
またそれよりもさらに大きなわざを行うと。

イエス・キリストは病人をいやされ、
悪霊につかれ縛られている者を解放されました。

私たちがイエス・キリを信じているなら、
私たちを通しても
イエス・キリストは病人をいやし、
悪霊から人々を解放してくださるのです。

イエス・キリストは
5つのパンと2匹の魚で
男だけで五千人の人々を
満腹にされる奇跡をはじめ、
たくさんの奇跡を行われました。

私たちがイエス・キリストを信じるなら、
それよりもさらに大きなわざを
行うことができるのです。

これは
イエス・キリストを信じる者への
イエス・キリストからの約束です。

あなたにも私にも、
こんな癒しや奇跡を行う力はありません。
全くないのです。

しかし、
キリストを信じるものには
聖霊が与えられています。

その聖霊は
イエス・キリストが行われたように
わざを行うことがおできになります。

あなたがイエスを信じるなら、
あなたを通してキリストは働かれます。

私がキリストの約束の言葉を
信じて踏み出すなら、
聖霊は私を通して働いて
奇跡を行ってくださいます。

あなたも私も、
イエス・キリストを信じるなら、
イエスのなされたわざを行い、
さらに大きなわざを行わせて頂けるのです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

2020年10月29日木曜日

No.120 愛は人の計算を超えて、神の奇蹟をもたらす

愛は人の計算を超えて、神の奇跡をもたらす!!

 10月29日(木) 愛は人の計算を超えて、神の奇跡をもたらす!!

ひとりの女がたいへん高価な香油のはいった

石膏のつぼを持ってみもとに来て、

食卓に着いておられたイエスの頭に香油を注いだ。


                             マタイの福音書26章7節



イエス・キリストのところに、

1人の女が純粋で、

非常に高価なナルド油の入った

石膏のつぼを持ってきました。


そして、そのつぼを割り、

イエスの頭に注ぎました。


この香油は、

彼女が今まで大切にためてきた

300デナリもの以上に売れる

価値あるものでした。


当時の独身女性は、

結婚するまで香油を

こういう風にためていたようです。

いわば結婚準備積立貯金???

みたいなものですね。


この女性は

今までの自分の人生を、

そして、これからの人生も、

すべてをイエス・キリストに注ぎだしたのです。


ユダをはじめとする弟子たちは言いました。

「もったいない。

 なんと無駄なことをしたのだ。

 この香油なら、

 貧しい人たちに施しができたのに。」


彼らは目に見える計算をしたのです。

計算することは

必ずしも悪いことではありません。


でも、この女の人は

イエスを心から愛していました。

その愛が、計算を超えてしまったのです。


イエスは言われました。

「そのままにしておきなさい。

 わたしのために、

 立派なことをしてくれたのです。」


実はイエスは、もうまもなく、

十字架に架けられ殺されてしまう時だつたのです。


この純粋なナルドの香油は

イエス・キリストの埋葬の用意になりました。


の女は、そんなことは

考えていなかったと思います。


でも主イエスを愛する心は、

人の考えや計算をはるかに超えて、

十字架というイエスにとって

最も大切な時のための備えとなったのです。



あなたが心から主イエスを愛して、

キリストにあなたの最も大切な

物やお金や時間を、捧げ注ぐ時、

それは私たち人間の計算を超えて、

神の大いなる働きをもたらすのです。


イエスは言われました。

「世界中のどこででも、

 福音が宣べ伝えられるところなら、

 この人のしたことも語られて、

 この人の記念となるでしょう。」



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。


2020年10月28日水曜日

今のあなたを見てくださるイエス

 10月28日(水) 今のあなたを見てくださるイエス

イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられると、


         マタイの福音書26章6節



イエス・キリストは、
十字架にかかられる前に、
ベタニヤのらい病人シモンの家で
食事をされました。

このらい病人シモンは、
イエス・キリストに触れられ、
その愛によって、
らい病が完全にいやされ直って、
家族のところに帰り、社会復帰もできました。

でも、悲しいことですが、
多くの場合、
人はその人の過去のことを忘れず、
その過去に縛られて、
その人を見てしまうことが多いようです。

しかし、
イエス・キリストは、そうではありません。

過去のことにとらわれることなく、
この人の今を見られたのです。


あなたに、どんな過去があろうと、
イエス・キリストの十字架の前で、
自分の罪を悔い改めて、
主イエス・キリストを信じたなら、
あなたは全く新しくされています。

自分に対しても、他の人に対しても、
過去のことに囚われ、縛られていてはいけません。

イエス・キリストは、
今のあなたに目を留めて見てくださるのです。


あなたは、イエス・キリストに愛されています。

2020年10月27日火曜日

No. 118 人に従うより神に従う

人に従うより神に従う

 10月27日(火) 人に従うより神に従う

私たちは、
自分の見たこと、また聞いたことを、
話さないわけにはいきません。

    使徒の働き4章20節



イスラエルの民の指導者、長老、学者たちは、

エルサレムに集まり、

イエスの弟子たちを呼んで、

いっさいイエスの名によって

語ったり教えたりしてはならない、と命じました。


しかし、

ペテロとヨハネは彼らに答えて言いました。

「神に聞き従うより、

 あなたがたに聞き従うほうが、

 神の前に正しいかどうか、判断してください。

 私たちは、

 自分の見たこと、また聞いたことを、

 話さないわけにはいきません。」


そこで、

彼らはふたりをさらにおどしたうえで、

釈放しました。


弟子たちは、

イエスが復活され生きておられることを

自分で見、聞いたのです。


また神が彼らに語られることを聞いたのです。

その言葉に従わないわけにはいかないのです。


彼らは神の愛を知り、

イエスの十字架と復活の恵みを受け、

聖霊を注がれたのです。


そのすばらしい福音を

語らないわけにはいかないのです。


彼らは脅されても迫害されても、

福音を語り続け、人ではなく神に従いました。

弟子たちは喜んで従っていました。



私たちも、神の愛の中で、神に従いましょう。

聖霊の力を受けて、

イエス・キリストの恵みと福音を

語り続けましょう。


その時、弟子たちのように

誰にも奪うことのできない喜びが、

私たちの内側から溢れ出てくるでしょう。



イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年10月26日月曜日

イエスとともにいる

 10月26日(月) イエスとともにいる

彼らはペテロとヨハネとの大胆さを見、
またふたりが無学な、普通の人であるのを知って驚いたが、
ふたりがイエスとともにいたのだということがわかって来た

          使徒の働き4章13節


イエスの弟子であるペテロとヨハネは、
ペンテコステの日に聖霊が注がれ、
聖霊のバプテスマを受けて、聖霊に満たされました。

そして集まってきた
おおぜいのユダヤ人たちに向かって、
ペテロは、はっきりと大声で語り始めたのです。

ユダヤ人たちはペテロとヨハネとの大胆さを見、
またふたりが無学な、普通の人であるのを知って
驚きましたが、ふたりがイエスとともにいたのだ、
ということに気づきました。

しかもペテロとヨハネを通して
生まれつき歩けなかった人が歩けるようになって、
ふたりといっしょに立っているのを見ては、
返すことばもありませんでした。

ペテロとヨハネは、イエスとともにいたのです。

この時、すでにイエスは天に帰っておられます。
しかし、ペテロとヨハネは聖霊に満たされ、
イエス・キリストが
彼らの内に住まわれて内住されていたのです。
人々には、それがわかりました。

イエスがともにいる時、
私たちはイエスが行われたように奇跡を行い、
大胆にキリストを証して
実をつけ結ぶことができるのです。

あなたにもイエスがともにおられます。

あなたが特別何かが出来てなくても
自分には何も出来ないと思っていたとしても、
イエス・キリストがともにいる時、
あなたを通して、主イエスは働いてくださいます。

あなたのうちに住まわれている
主イエスとともに歩みましょう。
あなたの人生に、たくさんの実が結ばれてきます。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

2020年10月25日日曜日

No.116 教会の一部として救われ生まれた

教会の一部として救われ生まれた

 10月25日(日) 教会の一部として救われ生まれた

ある人々のように、
いっしょに集まることをやめたりしないで、
かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、
ますますそうしようではありませんか。

       ヘブル人への手紙10章25節


私たちの教会の主任牧師は
イエス・キリストです。

教会とは、
イエス・キリストを信じた
私たち一人一人です。

その私たち一人ひとりのために、
イエス・キリストは偉大な祭司として、
父なる神にとりなしてくださっています。

キリストは、
あなたと私の身代わりとなって、
十字架にかかり地獄であるよみにまで降り、
私たち一人ひとりの罪を贖い、赦して、
神の子としてくださいました。

そして、復活された主イエスは、
今は天で、父なる神の右の座で、祭司として、
あなたと私のために
とりなしてくださっています。

私たちは救われ、神の子とされたとき、
個人として救われたのと同時に
教会の一部として救われました。

人が生まれる時、
個人として生まれるのと同時に
家族の一人として生まれるのと同じです。

ですから、
私たちは天に帰る日まで、共に集まり、
父なる神、子なるキリスト、聖霊なる神を、
教会に集って礼拝し、ともに祈るのです。

その時、教会に聖霊は注がれ、
教会を通して使命は与えられ、
教会の中で神の愛に触れられ、
愛することを深く学んで知っていくのです。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

2020年10月24日土曜日

約束を信じ希望を語り続ける

約束を信じ希望を語り続ける

 10月24日(土) 約束を信じ希望を語り続ける

約束された方は真実な方ですから、

私たちは動揺しないで、

しっかりと希望を告白しようではありませんか。


       ヘブル人への手紙10章23節



自分の罪を悔い改めて、

イエス・キリストの十字架を信じた者は、

罪が赦され、義とされ、

神の子とされています。


人は赦したと言っても

残念ながら罪を忘れられませんが、

神は完全に赦して忘れてくださいます。


しかも義とされるということは、

一度も罪を犯したことのない者として

見てくださるのです。


ですから、

素直に、厚かましいぐらい大胆に、

父なる神に求め願っていいのです。


そして神の子とされました。

つまり

イエス・キリストと同じ祝福を

受けることができるのです。


こんなにすばらしい恵みを受け

祝福されているのですから、

日々の生活の中で起こる

問題や試験、困難の中で、

目に見える状況や人々の言葉に動揺しないで、

しっかりと神のことばに立ち、

希望を告白し続けましょう。


神の約束と言葉は必ずそうなります。

神の時が来るとき、成就するのです。

約束された方は真実な方だからです。



あなたはイエス・キリストに愛されています。