2020年9月8日火曜日

一匹もとれない夜から大漁に、イエスのことばに従う祝福の大きさ

9月8日(火) 一匹もとれない夜から大漁に、イエスのことばに従う祝福の大きさ

「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」

           ルカの福音書5章4節



イエスが、ガリラヤ湖畔で
神の言葉を語っていると、
岸辺に2そうの船がありました。

そのうちの一つの、シモンの持ち舟にのり、
陸から少し漕ぎ出して、エスはすわって、
舟から群衆を教えられました。

そして話し終えられると、
イエスはシモンに
「深みに漕ぎ出して、
 網をおろして魚をとりなさい。」
と言われました。

シモンは驚きました。
昨晩一晩中、彼らは漁に行き、
一匹も取れずに帰ってきて、
今やっと網を洗い終わったところだったのです。

これから家に帰って
お茶漬けでも食べて寝ようと思っていたときに、
イエスに言われたのです。
深みに漕ぎ出して、
 網をおろして魚をとりなさい。」と。

ですからシモンは思わずも答えて言いました。
「先生。私たちは、夜通し働きましたが、
 何一つとれませんでした。」

ガリラヤ湖のプロの漁師であった彼らは、
生活のために漁師をしていました。
ですから、本気で一晩中、
漁れる時間帯に、漁れる場所で、漁をしたのです。

少しでもとれればと、
ギリギリまで頑張ったことでしょう。
でも一匹もとれなかったりです。
もうとれない時間になったので帰ってきました。

それなのに、
今から行けと言われても
とても漁れるわけないじゃありませんか。
という声が聞こえてきそうです。

でも続けてシモンは、こう言いました。

「でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」

イエスのことばに応答し、従ったのです。

おそらく、この時は、
少しでも取れればいいとぐらいにしか
思っていなかったと思います。

まさか大漁になるなどとは
思いもしていなかったでしょう。

でもシモンは
イエスのことばに従ったのです。

それが奇跡の始まりでした。

シモンがイエスの言われた通りに、
そのとおりにすると、
たくさんの魚がはいり、
網は破れそうになりました。
もうこれ以上一匹でも網に入ったら
破れてしまうぐらい大漁になったのです。

イエスはシモンを愛しておられ、
一匹もとれなかった夜を通ったのを
見ておられました。

そして彼に言葉をかけられたのです。


あなたも何をしてもうまくいかない、
どんな薬を飲んでも、
誰に頼っても、
一生懸命努力したのに、何にもならなかった。
そんな人生の夜を通ることが
あるかもしれません。

でも、イエス・キリストは
そんなあなたに、ことばを語られます。

そのことばに耳を傾け、従ってください。

あなたはきっと
イエス・キリストの深い愛に出会い、
奇跡の御業を体験するでしょう。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿