2020年9月1日火曜日

病気の人を放っておけないイエス・キリスト

9月1日(火) 病気の人を放っておけないイエス・キリスト

イエスは、ペテロの家に来られて、

ペテロのしゅうとめが熱病で

床に着いているのをご覧になった。

イエスが手にさわられると、熱がひき、

彼女は起きてイエスをもてなした。

     マタイの福音書8章14・15節



イエスの宣教の拠点は、
カペナウムでした。
そこには、
一番弟子であるペテロの家がありました。

イエスが、宣教を終え、
カペナウムに帰ってくると、
ペテロのしゅうとめが、
熱病で床に着いていました。

イエスは、それをご覧になると、
すぐにしゅうとめのところに行き、
彼女の手に触られられました。

すると、熱は引き、
彼女は起き上がり、
イエスをもてなしました。

姑は熱が下がっただけでなく、
もてなしをすることができるぐらい
元気に、体も心もなったのです。

ペテロも姑もとても喜びました。
周りのみんなも
嬉しくて感動したことでしょう。

イエスは、熱病で寝ている姑を
そのまま放ってはおくことは
できなかったのです。

これがイエス・キリストです。


あなたの家族や友人が
病気で床に着いていたら、
イエス・キリストが
満ちておられる教会に行きましょう。

イエス・キリストに
祈り、求めましょう。

キリストは、決して、
その人を病気のままに
放ってはおかれません。

その病の床のところに来て、
その人に触れ、いやしてくださいます。

そして、体も心も健やかにして、
その人を、
立ち上がらせてくださるのです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿