2020年8月3日月曜日

密室で神に祈る 




  あなたは、祈るときには

自分の奥まった部屋にはいりなさい。

   そして、戸をしめて、

隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。

     そうすれば、

隠れた所で見ておられるあなたの父が、

  あなたに報いてくださいます。


       マタイの福音書6章6節




イエス・キリストが
人として地上に生きておられた当時、
宗教指導者の祭司長やパリサイ人、
律法学者たちは
会堂や通りの四つ角に立って、
よく祈っていました。

それは人に見せるため、
人に見られるためでした。
自分たちがどんなに祈っているかを
人々に見せるために
彼らは祈っていたのです。

神の前に祈るのではなく、
人前で他人に聞こえるように、
聞かせるために祈っていたのです。
イエスは
彼らのことを偽善者と言い、
こう言われました。

また、祈るときには、
 偽善者たちのようであってはいけません。
 彼らは、人に見られたくて
 会堂や通りの四つ角に立って祈るのが
 好きだからです。
 まことに、あなたがたに告げます。
 彼らはすでに自分の報いを
 受け取っているのです。」

彼らは、人の賞賛や人からの栄誉、
つまり報いをすでに受けている。
だから神からの報い、
祈りの答えを見ることが出来ないのです。


祈りも施しと同じで、
人前で、人に見せるためにではなく、
神のみ前に捧げるものなのです。

自分の奥まった部屋に入り、
戸を閉めて、
神と一対一になって、
心を注ぎ出して祈るのです。

神は、
私たちの隠れている心も行いも
全部知っておられます。

隠れたところで、
神に全てを注ぎ出して、
正直に真実に願い求め祈るなら、
神は答えてくださいます。

あなたの心の叫びに、
豊かに応えて報いてくださいます。
あなたの祈りは聞かれます。
あなたの叫びは届きます。

神は、
あなたの祈りに耳を傾け、
豊かに報いてくださいます。
神はあなたの願いに
必ず答えてくださいます。

密室に入り、1人で祈ることは、
教会で共に集まって祈ることと共に、
とても大切なのです。

密室で1人で祈ることは、
教会に集まって共に祈ることと共に、
祈りの両輪なのです。

さぁ、自分の奥の部屋に行き、
戸を閉じて、祈りましょう。
神の応えと報いを受けましょう。

イエス・キリストはあなた

2020年8月2日日曜日

隠れて施しをすると神から報われる

8月2日(日) 隠れて施しをすると神から報われる

あなたは、施しをするとき、

  右の手のしていることを

左の手に知られないようにしなさい。

あなたの施しが隠れているためです。

そうすれば、

隠れた所で見ておられるあなたの父が、

  あなたに報いてくださいます。


     マタイの福音書6章3・4節



イエスは言われました。

人に見せるために人前で
 善行をしないように気をつけなさい。
 そうでないと、
 天におられるあなたがたの父から、
 報いが受けられません。」

何か善いことをしようとするとき、
人の目が気になることがありませんか。
そんなつもりはないのですが、
気がつくと、人に見せるために
してしまっていたりします。

善い行いをすることは
素晴らしいことです。
でも
人に見せるためにしてしまうと、
神からの報いは受けられません。

イエスは続けて言われます。

だから、施しをするときには、
 人にほめられたくて
 会堂や通りで施しをする
 偽善者たちのように、
 自分の前でラッパを
 吹いてはいけません。
 まことに、あなたがたに告げます。
 彼らはすでに
 自分の報いを受け取っているのです。」

人に見せるためや
人からほめられたくて施しをすると、
人から偉い立派な人だと
ほめられ称賛されます。

つまり、
人から報いを受けているので、
神からの報いを受けれなくなるのです。

さらにイエスは言われました。

あなたは、施しをするとき、
 右の手のしていることを
 左の手に知られないようにしなさい。
 あなたの施しが隠れているためです。
 そうすれば、
 隠れた所で見ておられるあなたの父が、
 あなたに報いてくださいます。」

施しをするときは、
右の手がしていることを
左の手に知られるなと
イエスは言われました。

人前で
みんなの見ている前で、
みんなにわかるように
施しをするのではなく、
人には分からないように
隠れてしなさい、
隠れたところで
見ておられる父なる神は、
その施しを喜んでくださり、
豊かに報いてくださるのです。

神の報いは
完全で最高に素晴らしい報いです。
その報いは、
愛と恵みに満ちているからです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

2020年8月1日土曜日

あなたも必ず赦すことができる

あなたも必ず赦すことができる

8月1日(土) あなたも必ず赦すことができる

自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

         マタイの福音書5章44節



イエスは言われました。

『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め。』
と言われたのを、
あなたがたは聞いています。
しかし、
わたしはあなたがたに言います。
自分の敵を愛し、
迫害する者のために祈りなさい。
それでこそ、
天におられるあなたがたの
父の子どもになれるのです。


自分の敵を憎むことは難しくありません。
誰でもできる、
誰もがしていることでしょう。

しかし、イエスが言われた
「自分の敵を愛する」ことは
簡単なことではありません。
迫害する者のために祈ることも
難しいことです。

もう少しはっきり言えば、
普通はできないことです。

しかしイエス・キリストは、
それを、
つまり敵を愛し、
迫害する者のために祈ることを
しなさいと言われました。

これは命令です。

イエス・キリストは
命令されるだけではなく、
その模範を、
ご自身で、
私たちに示してくださいました。

それがあの十字架です。

イエス・キリストは、
あの十字架の上で
「父よ。彼らを赦してください」
と祈られたのです。

苦しみと孤独の極限の中で、
自分を殺そうとした
敵である者を愛し、
逃げていった弟子たちを赦し、
罪人であるすべての人間を、
愛し抜かれ、赦しきられたのです。

それが十字架でした。


私たちには敵を愛し赦す力はありません。
迫害する者のために祈る心はないのです。

しかし、そのような私たちでも、
イエス・キリストを信じるなら、
イエス・キリストが、
私たちの内に住まわれ、
内住してくださって、
そのキリストの愛に満たされ、
聖霊の力が注がれて、
敵を愛し、
迫害する者のために
祈る恵みが与えられるのです。

あなたも私も、
自分の敵を愛し、
迫害する者のために
祈ることができるようになるのです。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。