2020年6月30日火曜日

死から起き上がったタビタ・ドルカス




「タビタ。起きなさい。」

   使徒の働き9章40節



ヨッパという町に
タビタ(ギリシヤ語に訳せば、ドルカス)
という女の弟子がいました。

この女の弟子は、
多くの良いわざと施しをしていました。

ところが、
彼女は病気になって死んでしまいました。
人々は彼女の遺体を洗って、
屋上の間に置きました。

ヨッパに近いルダの町に、
ペテロがいると聞いたので、
彼らは、人をふたり彼のところへ送って
「すぐに来てください。」と頼みました。

そこでペテロは立って、
彼らといっしょに出かけました。

ペテロが到着すると、
彼らは屋上の間に案内しました。
もめたちはみな泣きながら、
彼のそばに来て、
ドルカスがいっしょにいたころ
作ってくれた
下着や上着の数々を見せるのです。

ペテロはみなの者を外に出し、
ひざまずいて祈り、
それから、その遺体のほうを向いて
「タビタ。起きなさい。」と言いました。

すると彼女は目をあけ、
ペテロを見て起き上がったのです。
ペテロは手を貸して
彼女を立たせました。
そして聖徒たちとやもめたちとを呼んで、
生きている彼女を見せました。

このことがヨッパ中に知れ渡り、
多くの人々が主を信じたのです。


タビタが死んだ時、
みんなが悲しみました。

しかし、ペテロが来た時、
その悲しみは喜びと賛美に変わったのです。

それは
イエス・キリストの御名によって
彼が祈り、
神の言葉を語り命じたからです。

私たちも、とても悲しいことや、
自分にはどうすることも
できないことが起こることがあります。

しかし
イエス・キリストの御名によって祈り、
言葉をいただいて、
その言葉を語り命じる時、
神の愛が流れ、奇跡が起こるのです。

あなたにも必ず起こります。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿