2020年6月28日日曜日

迫害者サウロが伝道者パウロに変わる時



わたしは、あなたが迫害しているイエスである。


           使徒の働き9章5節



大伝道者パウロは、かつてサウロと言いました。
彼は、主の弟子たちに対する脅かしと
殺害の意に燃えて、大祭司のところに行き、
ダマスコの諸会堂あての手紙を
書いてくれるよう頼みました。

それは、
この道の者であれば男でも女でも、
見つけ次第縛り上げて
エルサレムに引いて来るためでした。

ところが、
その手紙を持って道を進んで行く途中、
ダマスコの近くまで来たとき、
突然、
天からの光が彼を巡り照らしたのです。

彼は地に倒れて
「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」
という声を聞きました。彼が
「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、
お答えがありました。

「わたしは、
 あなたが迫害しているイエスである。
 立ち上がって、町にはいりなさい。
 そうすれば、
 あなたのしなければならないことが
 告げられるはずです。」

同行していた人たちに手を引いてもらい、
サウロはダマスコへ行きました。

彼は三日の間、目が見えず、
また飲み食いもしませんでした。
その時、
アナニヤという人が神に示されて、
サウロのいる家に来て、
サウロの上に手を置いてこう言いました。
「兄弟サウロ。
 あなたが来る途中でお現われになった
 主イエスが、私を遣わされました。
 あなたが再び見えるようになり、
 聖霊に満たされるためです。」

するとただちに、
サウロの目からうろこのような物が落ちて、
目が見えるようになったのです。

彼は立ち上がって、
バプテスマを受け、
食事をして元気づきました。

そしてただちに、諸会堂で、
イエスは神の子であると
宣べ伝え始めたのです。

キリストに敵対し、
クリスチャンを迫害していたサウロが
キリトに捕らえられ、
命をかけてキリストを宣べ伝える
伝道者となり使徒となりました。

神はあなたの愛する者が、
今、キリストを信じないで
あなたを迫害していたとしても、

その人にも現れて、
その人を捉え、
全く新しい人生を与えることがおできになるのです。

主イエス・キリストに期待し信じましょう。

イエス・キリストはあなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿