2020年6月25日木曜日

奇跡をもたらす祈りの習慣



ペテロとヨハネは

午後三時の祈りの時間に宮に上って行った。

         使徒の働き3章1節



キリストの弟子であるペテロとヨハネは、
当時の祈りの習慣で、
午後三時の祈りの時間に宮に上って行きました。

すると、丁度そこへ
生まれつき足のきかない男が運ばれて来ました。

この2人を通して、
この男の人は、
立ち上がり歩けるようになりました。
もちろん、
ペテロとヨハネがしたのではなく、
イエス・キリストの御名によって
歩かせたのですが・・・

なぜ、ペテロとヨハネには、
そんな奇跡を行うことができのでしょう。

この時2人は宮に祈りに行く途中でした。
宮に入って祈る直前に奇跡が起こりました。

かつてイエス・キリストが
ゲッセマネで祈られていた時、
すぐそばにいながら寝ていた二人でしたが、
この時は、
祈りの生活が身についていたのです。

祈ることが生活の一部となる時、
私たちを通して
イエス・キリストは、
その御名の権威と力を豊かに、
ご自由に現されて、奇跡を行われるのです。

あなたを通しても
主イエスは働かれます。

ともに教会に行き祈りましょう。
奇跡が始まります。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿