2020年6月23日火曜日

傷と向き合う時、前に進むことが出来る!



イエスは三度ペテロに言われた。

「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」

ペテロは、
イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか。」

と言われたので、心を痛めてイエスに言った。

「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。

 あなたは、

 私があなたを愛することを知っておいでになります。」


              ヨハネの福音書21章17節



一晩中漁をし他弟子たちは、
とてもお腹が減っていました。

イエスはそんな弟子たちに
朝ごはんを用意して、彼らに食事を与えます。

そして 彼らが食事を済ませたとき、
シモン・ペテロに、こんな質問をされました。

「ヨハネの子シモン。
 あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」

ペテロはイエスに答えます。
「はい。主よ。
 私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」

イエスは彼に言われました。
「わたしの小羊を飼いなさい。」
質問はさらに続きます。
イエスは再び彼に言われます。

「ヨハネの子シモン。
 あなたはわたしを愛しますか。」

ペテロはイエスに言いました。
「はい。主よ。
 私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」

イエスは彼に言われました。
「わたしの羊を牧しなさい。」

なんとイエスは三度ペテロに言われました。
「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」

ペテロは、イエスが三度
「あなたはわたしを愛しますか。」と言われたので、
心を痛めてイエスに言いました。
「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。
 あなたは、
 私があなたを愛することを知っておいでになります。」

イエスは彼に言われた。
「わたしの羊を飼いなさい。・・・・と。

三度イエスを知らないと言ったペテロに
三度「あなたはわたしを愛しますか」と
問いかけられました。

イエスを裏切ってしまった
ペテロのその傷をイエスは癒されたのです。
その傷を持ったまま、進んでいくと、
大切な時に、いつもサタンが
そこをついてきて
彼は、そこでまた失敗をしたり、
前に進めなくなってしまうかもしれません。

イエスは、その傷を取り扱われ癒されたのです。

傷と向き合う事は
とても辛く痛い事です。
でも、その痛みを通して
主イエスは癒されます。

主に導かれた時は、
傷と向き合うことから逃げないで、
しっかりと向き合いましょう。
主イエスがその時、
その深い傷と痛みを
癒してくださいます。

あなたは、そこから
前に進んでいけるようになるのです。

イエス・キリストは、あなたを愛しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿