2020年5月8日金曜日

1時間祈る



それから、イエスは戻って来て、

彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。

「シモン。眠っているのか。

 一時間でも目をさましていることができなかったのか。

 誘惑に陥らないように、目をさまして、祈り続けなさい。

 心は燃えていても、肉体は弱いのです。」

          マルコの福音書14章37・38節



イエス・キリストが、
ゲッセマネで苦しみ悶え、
悲しみで死にそうになりながら
祈りの戦いをしているとき、
そのすぐそばにいながら
弟子たちは眠ってしまいました。

イエスは、
弟子たちのところに戻ってきて、
彼らの眠っているのを見つけ、
ペテロに言われました。

「シモン。眠っているのか。
 一時間でも目をさましていることが
 できなかったのか。
 誘惑に陥らないように、
 目をさまして、祈り続けなさい。
 心は燃えていても、肉体は弱いのです」と。

イエスは
「一時間でも目を覚ましていることが
 できなかったのか」と言われました。

この1時間というのが、実は鍵なのです。
ある方は
1時間は大変だと思われるでしょう。
逆にある方は
1時間ぐらい簡単だと
思われるかもしれません。

でも、1時間、
心を定めて一人で祈ることを
毎日できるようになったなら、
あなたは祈りの勇士であり戦士です。

教会で共に1時間祈ることは
そんなに難しいことではありません。
ですから、
まず教会で共に1時間祈ることを勧めます。
そして祈りの霊と力を受けて、
自分一人でも1時間祈ることを
毎日チャレンジしてみましょう。

聖霊の助けと力なしには、とても出来ません。
でも聖霊の助けがあるなら、必ず出来ます。

1時間祈ることは間違いなく主の御心なので、
あなたが
本当に1時間祈り続けたいと願うなら、
必ず答えられます。

あなたは毎日1時間、
一人でも祈り続けられるようになります。
そのとき、
祈りがどんなに聞かれ答えられるかを
怖いほど、見るようになるでしょう。

そして
主イエスの愛の大きさと深さに
驚き感動することでしょう。

さぁ、まず教会に集い、共に祈りましょう。
そして、一人で
主イエス・キリストの前に出て、
心を注いで祈りましょう。

1時間、
主の助けと力を受けて祈り続けましょう。
あなたにはできます。
そして、あなたは神の真実と愛を体験します。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿