2020年5月22日金曜日

祈って受ける奇跡



祈って求めるものは何でも、

  すでに受けたと信じなさい。

   そうすれば、そのとおりになります。


        マルコの福音書11章24節



「祈って求めるものは何でも、
 すでに受けたと信じなさい」
とイエスは言われました。

あなたは、
何を、どんなことを、
祈って求めていますか。

医学的にもう治らない病気、
こじれ切ってしまった人間会計、
返済不能の負債や借金、
そういう問題がもし許されているなら、
その現実から目をそらしてはいけません。
その現実から目を離して、
神が何とかして下さるということが
信仰ではありません。
その現実としっかりと向き合い、
治らないことも、
もう解決不可能なことも
認めて受け入れるのです。

その上で、
それでも神には不可能がないことを
信じるのです。

イエス・キリストの愛は、
いやし解放し、
解決と勝利をもたらすことを
信じ期待するのです。

そして大胆に
奇跡に向かって祈り求めましょう。
それが主の御心にかなうなら、
神は必ず答えてくださいます。

私たちの信じている神である主は、
大きな方です。
主の御心は広く深く大きいのです。

主の御心だと確信できたら、
大胆に告白しましょう。
「この病気はいやされた、治りました」と。
「この問題も負債も解決し勝利しました」と。
「どんなにこじれ切った人間関係も、
 お互いに溶かされ許し合い、
 心が通えるようになった」と。
「あの頑なな人も救われ、
 共に礼拝し賛美できるようになった」と。

今そうでなくても
受けたと信じて告白し
幻を描くのです。

神には不可能はありません。
必ずその祈りは答えられ、
あなたの願ったとおりになります。
あるいは、それ以上になります。

イエス・キリストは、
あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿