2020年5月15日金曜日

キリストの権威ある愛の言葉は病気をいやす



ただ、おことばをいただかせてください。

そうすれば、私のしもべは必ずいやされます。

         ルカの福音書7章7節



百人隊長は
自分のしもべが病気で死にかかっている時、
イエスによって、いやしていただきました。

その鍵となったのは、
イエスの言葉、神の言葉に対する信仰でした。

イエスに
わざわざ家まで来ていただかなくても、
一言、ただ一言、
イエスに言葉をいただければ、
それでしもべはいやされるという
イエスの言葉に対する信仰でした。

なぜ百人隊長が
そのような素晴らしい信仰を
持てたのでしょう。

それは、
彼が権威を知っていたからです。

百人隊長は
ローマの軍隊の中で、
上司である千人隊長の言葉には
服従します。

また彼の部隊の部下の百人は
彼が「行け」と言えば行き、
「来い」と言えば来ることを
知っていたからです。

権威あるものが語れば
そのように動くことを、
知っていました。

この百人隊長は
イエス・キリストは、
権威あるお方で
自然も病気も悪霊も、
イエスの権威の下にあり
イエスが語られれば、
その言葉に従うことを、
知っていたのです。

百人隊長は、イエスが
権威あるお方であることを
知っていました。

だから、
イエスの言葉をいただければ
それで十分、
一言で十分と、信じていたのです。

イエス・キリストは
天においても地においても
いっさいの権威を持っておられます。

あなたも、この方のところに行き、
一言、言葉をいただきましょう。

その時、すべての問題は解決し、
勝利を見ることができるのです。

イエス・キリストは
あなたにも一言、語ってくださいます。

イエス・キリストは
あなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿