2020年3月4日水曜日

イエス・キリストの十字架の赦し


父よ。彼らをお赦しください。

    ルカの福音書2334a



イエス・キリストは
十字架の上で7つの言葉を語られました。

その最初の言葉が
「父よ。彼らをお赦しください。
 彼らは、何をしているのか
 自分でわからないのです」でした。

これは祈りです。

イエス・キリストは
自分を十字架につけた人々のために、
父なる神に向かって言われたのです。

「父よ。彼らをお赦しください」と。

この祈りには前提があります。
つまり
「私も赦しましたから、
 彼らを赦してください」
とイエスは言われたのです。

そして、
自分が彼らの罪の裁きを
すべて引き受けるので、
彼らを赦してあげてください
と言われてのです。

実際、十字架の上で、
イエスは
私たち人間の罪の
すべての裁き、呪い、罰、
病気、災いを引き受けて、
神に捨てられ、裁かれて、
よみである地獄に行かれたのです。

私たちはそれによって
罪が赦され、救われて、
罪の枷から解放され自由にされたのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿