2020年3月2日月曜日

ただ恵みによって


何の働きもない者が、

不敬虔な者を義と認めてくださる方を信じるなら、

その信仰が義とみなされるのです。

        ローマ人への手紙45



イエス・キリストは、
私たちが正しいから
救ってくださるのではありません。

私たちは残念ながら、
どうしようもない罪人なのです。
その私たちの罪の身代わりに
イエス・キリストが
十字架で裁きを受け
罪の罰と呪いを引き受けて
地獄であるよみに降られたのです。

私たちが自分の罪を悔い改めて、
このイエス・キリストの十字架を
信じるとき、
それによって
私たちは罪を赦され、
罪の咎と枷から
解放されて自由になるのです。

私たちが何かをしたからではなく、
ただただ
イエス・キリストの十字架の恵みによって、
何の働きもない者が、
どうしようもない
この不敬虔な者である私を
義としてくださると信じるなら、
その信仰を義と見てくださるのです。

義と見てくださる。
つまり正しい者、
一度も罪を犯していないものと
見てくださるのです。

何という恵み、
何という愛でしよう。

その恵みの中を
この十字架の愛を受けながら
歩んでいきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿