2020年3月15日日曜日

瞬時に赦され、天の者とされる


イエスは、彼に言われた。

「まことに、あなたに告げます。

 あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

           ルカの福音書2343



十字架の上で自分の罪に気づいた犯罪人。
イエスの十字架の隣りで
初めて真実な本物の愛に触れた犯罪人。

彼はイエスに言います。

「イエスさま。
 あなたの御国の位に
 お着きになるときには、
 私を思い出してください」と。

すると、
今までどんなに罵られても、
嘲られても、罵声を浴びせられても、
一言も言い返さず、
苦しみの中で祈られとりなされていた
イエス・キリストが、
この悔い改めを聞かれた瞬間、
間髪を入れずに、
彼に向かって言われました。

「まことに、あなたに告げます。
 あなたはきょう、
 私とともにパラダイスにいる」と。

イエスが「まことに」というときは
とてもとても大切なことをいう時です。
ですから、この言葉は
「いいですか。よく聞きなさいよ。
 とてもとても大切なことを言いますよ。
 あなたは、きょう、この瞬間から
 私と共にパラダイス、天国にいます。
 あなたは赦されて
 天国に行くことができます。
 私と共に天国に行けるのです。
 そして、
 この瞬間から、もうすでに、
 あなたは私と共に
 天国のものとなったのです。」

彼は永遠の命をいただいて、
永遠の存在として
神の民となったのです。

ここで「きょう」と
訳されている言葉は
確かに今日ということですが、
これは今、この瞬間とも訳せる言葉です。

彼が悔い改めたその瞬間から、
彼は赦され、天国の住民となり
永遠の命をいただいて
キリストと共に生きる者とされたのです。

彼は嬉しかったでしょう。
考えてみてください。
彼は今まで
散々悪い事ばかりしてきたのです。
ここで悔い改めて
イエス・キリストを信じても
彼は何もイエスに返せないのです。
あとは十字架の上で苦しみ死ぬだけです。
献金もできません。
奉仕もできません。
おそらく苦しみの中で賛美の声も
祈りも声には出せなかったでしょう。
ところが、
その犯罪人を
イエスは悔い改めたその瞬間赦され、
キリストと共に天の者とされたのです。

これがキリストの愛、
これが十字架の恵みです。

彼は地上では何も
イエスのためにできませんでした。
しかし彼が真実に悔い改めたので、
天に帰った今、
世界中で彼のことが語られ、
多くの人々が自分の罪に気づき
悔い改めてイエス・キリストのもとに
立ち帰って神の子とされているのです。

永遠の中で
彼は主のために用いられています。
これが悔い改めの恵み、
主の愛の大きさです。

全ては益になるのです。

あなたも
この十字架の愛の中で、
イエス・キリストのもとに
悔い改めて帰ってきてください。

イエスはあなたを待っておられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿