2020年2月24日月曜日

朝早く主のもとに行く


  イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、

寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。

         マルコの福音書135



イエスは、弟子たちが
まだ眠っている暗いうちに起きて、
寂しいところに行き、
そこで一人で祈っておられました。

誰よりもまず最初に
父なる神の前に出て
父なる神と深く交わり
時を過ごされたのです。

そこでイエスは
賛美と感謝を捧げ、
願い求め、
時には叫びすがられたのでしょう。

朝早く、
まず父なる神のみ前に出て祈ることは、
私たちのクリスチャンとしての歩みを変えます。

生活の中で
生きて働かれる神を現実に体験し、
神の愛を深く具体的に
日々体験して
実感できるようになるからです。

あなたも朝、
まず父なる神のみもとに
主イエス・キリストの御名によって行き、
一時間、
主と共に時を過ごしましょう。

劇的に
あなたのクリスチャンライフは
変わることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿