2020年2月21日金曜日

与えることは永遠の喜び


『受けるよりも与えるほうが幸いである』

         使徒の働き2035



先日、アフガニスタンで殉教?した
ペシャワール会の中村哲さん、
アフガニスタンを愛し、
彼らのために人生を使い、
医療から初めて
その限界を感じて白衣を脱ぎ、
用水路を作って
砂漠に緑を回復させ荒地に水を流し、
人々に生活を取り戻された方です。
テレビの報道などで
一躍有名になられました。

でも彼がクリスチャンであったことは
そこまで知られていないようです。

彼には、
目の前にいた痛んだ人を
放っておけなかったのでしよう。

そして自分にできることを
与えて行ったときに、
あのように多くの人を生かす
素晴らしい人生になったのだと思います。

イエス・キリストを信じることは、
生き方を変えます。

受けること
自分が豊かになること、
自分が祝福されること、
それを求める人生から、

与えること、
人々を生かすことを願い
与える人生へと変えられていきます。

そして
その生き方は
多くの人を祝福し、
その人自身にも
喜びを与えてくれるのです。

その喜びは誰も奪えません。

命を奪ったテロリスト達も
彼の喜びを
奪うことはできませんでした。

彼は永遠に生き
永遠の喜びを持っていたからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿