2020年2月15日土曜日

神の招きーマケドニヤコール


ある夜、パウロは幻を見た。

ひとりのマケドニヤ人が彼の前に立って、

「マケドニヤに渡って来て、私たちを助けてください。」

と懇願するのであった。

           使徒の働き169



パウロは同労者たちと
アジアに行って
み言葉を語ろうとしました。
すると、
アジヤでみことばを語ることを
聖霊によって禁じられたのです。

そこで、今度は
ムシヤに面した所に来たときに、
ビテニヤの方に行こうとしました。
しかし、イエスの御霊が
それをお許しになりませんでした。

それで彼らはムシヤを通って、
トロアスに下りました。
ある夜、パウロは幻を見ました。
ひとりのマケドニヤ人が
彼の前に立って
「マケドニヤに渡って来て、
 私たちを助けてください」
と懇願する幻でした。

パウロはこの幻を見たとき、
神がマケドニヤで
福音を語るように招かれている
と確信しました。

そこで彼らはただちに
マケドニヤに
出かけることにしたのです。

私たちも自分が行こうとしている道を
神様に止められることがあります。
しかし、そのストツプに従うと、
神の時に、神様が用意している道に、
神様は私たちを導いてくださるのです。

そして、その道が最善で最高の道なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿