2019年11月7日木曜日

永遠なる天に目を向けて、主により頼む


自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

          マタイの福音書544



イエスは言われました。
「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」と。
イエス・キリストは、あの十字架の上でさえ、
私たちを赦し、私たちのために祈られました。

二十六聖人をはじめとする殉教者たちも、
自分を十字架につけ殺そうとする者を赦し、
喜びながら殉教していきました。

だから、私たちにも敵を赦し、
迫害する者のために祈ることができるかというと、
残念ながら、そんな簡単なことではありません。
私たちには感情があり、
簡単に赦すことはできないのです。
迫害する者のために祈ることも
たやすいことではありません。

ではなぜ殉教者たちには、出来たのでしょうか。
それは彼らが天に目を向け、
永遠の価値の中を生きていたからです。
そして主イエスにより頼んで、
聖霊に満たされて生きていたからです。

私たちも、
この地上のことに心を奪われずに、
永遠なる天に目を向け、
主イエス・キリストの愛と恵みに
より頼んで生きる時、
聖霊様が私たちを満たし助けてくださいます。

そのとき、私たちも敵を赦し、
迫害する者のために祈ることが
できるようになるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿