2019年11月15日金曜日

聞いて悟るとは?


ところが、良い地に蒔かれるとは、

みことばを聞いてそれを悟る人のことで、

その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、

あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。

                                        マタイの福音書1323



良い地に蒔かれると百倍、
六十倍、三十倍の実を結ぶ
と主イエスは言われました。

では良い地とはどんな地かというと、
それはみことばを聞いて
それを悟る人のことだと
主イエスは言われました。
「みことばを聞いて」
つまり聖書を開き、
神に心を向けてみこばを読み、
みことばに耳を傾けるのです。
必ず主である神は、
あなたに語りかけてくださいます。
そして、そのみことばを悟るのです。
「悟る」とは、理解し、
心にしっかり受けとめて、
そのみことばに従うことです。

例えば「すべてに感謝しなさい」
というみことばが心に響いたなら、
そのみことばに従って、
すべてのことを感謝するのです。
どんなことでも感謝します。
そのときに、
神の愛と恵みが現れてきます。
そして「すべてが益になる」という
みことばの実を見ることができるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿