2019年10月7日月曜日

神のことばが広まり、弟子の数が非常に増えていく


こうして神のことばは、ますます広まっていき、

エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行った。

           使徒の働き67節前半



使徒たちが福音を宣べ伝え、
初代教会は弟子たちがふえていきました。
と同時に問題も起こってきました。
ギリシヤ語を使うユダヤ人たちが、
ヘブル語を使うユダヤ人たちに対して
苦情を申し立てたのです。
彼らのうちのやもめたちが、
毎日の配給でなおざりにされていたからです。
いつの時代も食べ物のことは問題になるのですね。
そこで、十二使徒は弟子たち全員を呼び集めて
「私たちが神のことばをあと回しにして、
 食卓のことに仕えるのはよくありません。
 そこで、兄弟たち。あなたがたの中から、
 御霊と知恵とに満ちた、
 評判の良い人たち七人を選びなさい。
 私たちはその人たちを
 この仕事に当たらせることにします。
 そして、私たちは、
 もっぱら祈りとみことばの奉仕に
 励むことにします」と言い、
全員がこの提案を承認したので、
彼らは、信仰と聖霊とに満ちた人ステパノ、
およびピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、
パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、
この人たちを使徒たちの前に立たせ、
使徒たちは祈って、手を彼らの上に置きました。
こうしてマイナスだったことが
逆に初代教会の組織をしっかりとさせ、
各々が自分の役割をしっかりと担うようになりました。
その結果、神のことばは、ますます広まって行き、
エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行ったのです。
そして、多くのユダヤ教の祭司たちが
次々に信仰にはいりました。

神の言葉が宣べ伝えられる時、
弟子の数が増えていきます。

それは神の言葉には
人を作り変える力があるからです。
神の言葉は人をいやし、きよめていきます。
神の言葉に触れる時、
人は神の愛に触れられ、神の力と権威を知るのです。
だから自分の人生を捧げて
弟子となりたいと思うようになるのです。

あなたも神の言葉を聞き、
神の言葉に触れてください。
きっと神の深く大きな愛に触れられ、
神の力と権威を知って、
弟子になりたくなるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿