2019年8月29日木曜日

日々の十字架を通して見る神の栄光と圧倒的な勝利


だれでもわたしについて来たいと思うなら、

 自分を捨て、日々自分の十字架を負い、

  そしてわたしについて来なさい。

        ルカの福音書923



イエスは弟子たち皆に言われました。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
 自分を捨て、日々自分の十字架を負い、
 そしてわたしについて来なさい」と。
イエス・キリストに従いついていくと
必ず十字架が許されます。
それを引き受けようと思うと、
自分を捨てなければなりません。
つまり自分の考え、やり方、
自分の義、正しいと思うことを捨て、
理解できても出来なくても、
主イエスが言われていると確信できれば、
そこに従っていくのです。
不条理と思えることや、
私がなぜ、
これをしなければいけないのだろう
と思える時もあるでしょう。
でも主の言われることは間違いがありません。
この方は最善以外なさらない愛の方なのです。
主イエス・キリストを愛し、
信じて従っていくのです。

特に、ここでは日々と言われました。
毎日毎日、
生活の中で負うべき十字架があります。
人にはわかってもらえないかもしれません。
でもイエス・キリストは知っておられます。

あなたが負うべき日々の十字架を
喜んで負っていきましょう。
主イエスは、
必ずその十字架を通して、
神様の栄光と祝福を豊かに現してくださり、
圧倒的な勝利をあなたに与えてくださるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿