2019年7月25日木曜日

神のことばに従う

7/25(木)

あなたは、

あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、

わたしが示す地へ行きなさい。

           創世記121


信仰の父と言われているアブラハムは、
75歳の時
「あなたは、あなたの生まれ故郷、
 あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい」
と神から語られました。
彼には財産も安定した生活も家族もいました。
しかし、もし従うならば、
「そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、
 あなたを祝福し、
 あなたの名を大いなるものとしよう。
 あなたの名は祝福となる。
 あなたを祝福する者をわたしは祝福し、
 あなたをのろう者をわたしはのろう。
 地上のすべての民族は、
 あなたによって祝福される」
という約束を伴ったものでした。

年老いて現役を引退してもいい年になっていた
アブラム(後のアブラハム)は、
主がお告げになったとおりに出かけたのです。
彼は目の前にある人の計算できる幸せではなく、
永遠の神の言葉を信じて従ったのです。
従わずにカランにそのままいたとしても、
彼の老後はある程度計算できました。
十分豊かな生活ができたことでしょう。

しかし、彼は神のことばを信じ、
神のことばに従ったのです。
そしてアブラハムは信仰の父と言われる祝福を
まさに約束通り忍耐の末に受けるのです。

私たちも、
目の前にある人の計算からくる幸せに振り回されることなく、
真実な神のことばを聞き、
その神のことばに従っていきましょう。
必ず神さまは約束のことば通りに
溢れる祝福を与えてくださいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿