2019年5月28日火曜日

聖書そのものを読み調べればわかる


非常に熱心にみことばを聞き、

はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。

            使徒の働き1711




テサロニケでは、
妬みにかられたユダヤ人たちが暴動を起こすので、
兄弟たちは、
パウロとシラスをベレヤへ送り出しました。
ふたりはそこに着くと、
ユダヤ人の会堂にはいって行きました。
福音宣教のために。
すると、ここのユダヤ人は、
テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、
非常に熱心にみことばを聞き、
はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べました。
そのため、
彼らのうちの多くの者が信仰にはいりました。
その中には
ギリシヤの貴婦人や男子も少なくなかったのです。

聖書を調べれば、
イエスがキリストであるとわかります。
心を開いて聖書に耳を傾ければ、
イエス・キリストが救い主だとわかります。
私たちも聖書そのものを読み、
聖書に聞きましょう。
その時、もっと深く、もっと豊かに、
神さまは真理を教えてくださり、
私たちの救いを確かにしてくださいます。
そしてイエス・キリストの愛と恵みの中に、
私たちを生かして導いてくださるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿