2019年5月18日土曜日

信じられなくても不可能と思っても、教会が祈ると応えられる


ペテロはたたき続けていた。彼らが門を開けると、

そこにペテロがいたので、非常に驚いた。


                                        使徒の働き1216




教会の祈りを通して、
ペテロが厳重な番をされていた牢から、
み使いによって助け出されたとき、
最初ペテロは幻を見ていると思っていましたが、
御使いが外に連れ出した後、
ペテロから離れるとわれに返り、
自分が助け出されたことに、はっきりと気づきます。
そのとき、ペテロは、
教会にみんなが集まって祈っていてくれていると
すぐにわかったのです。
それでペテロは、
マルコと呼ばれているヨハネの母マリヤの家へ行きました。
思った通り、
そこには大ぜいの人が集まって、
祈っていました。
彼が入口の戸をたたくと、
ロダという女中が応対に出て来ましたが、
ペテロの声だとわかると、
喜びのあまり門を開けもしないで、
奥へ駆け込み、
ペテロが門の外に立っていることを
みなに知らせました。
ところが彼らは「あなたは気が狂っているのだ」
と言って信じません。
彼女は本当だと言い張りました。
そこで彼らは「それは彼の御使いだ」
と言ってやはり信じないのです。
しかし、ペテロはたたき続けていました。
彼らが門を開けると、
そこにペテロがいたので、
非常に驚いてしまいました。

熱心に真剣に彼らは祈っていました。
でもまさか、
本当に答えられるとは
思っていなかったのでしょう。
信仰に満ちて祈っていたのではなく、
無理だ、不可能だと思っていたのです。
それでも彼らは祈っていました。
熱心に祈っていました。

神さまは、
彼らが熱心に祈っているその姿を見られ、
その心を見てくださったのです。
ありえない、不可能だと思っても
祈ってもまさか答えられることはないかもしれない、
そう思ったとしても、
それでも祈るとき、
主イエスは不信仰だとは言われず、
その熱心さの中に愛を感じてくださり、
答えてくださるのです。

あなたも、この時の人たちのように、
答えられた時、
すぐには信じられないかもしれません。
でも、
信じられない不可能と思うことに向かって
祈りましょう。
愛する者のために、
不可能と思っても祈りましょう。
教会に集まって、熱心に祈りましょう。
愛なる神は、
その時必ず御手を動かし祈りに応えて、
不可能を可能にしてくださるのです。

神はあなたを愛しておられるからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿