2018年12月3日月曜日

朝早く1人で祈られたイエス


さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、
寂しいところへ出て行き、そこで祈っておられた。

マルコの福音書135


イエス・キリストが30歳で公生涯に立たれ、
宣教の働きを始めると、
多くの人々がイエスのもとに集まって来ました。
病人をいやし、悪霊を追い出されたからです。

イエスは人々が眠っている間に起き、
1人になるために寂しいところに行き、
そこで祈っておられました。

そして人々が起きてくると、
また近くの別の村里へと福音を知らせに行かれたのです。

あなたが、
どんなに忙しい日々を送っていたとしても、
主に祈る時間を、大切にしてください。
1人で主に祈り感謝する時を失わないようにしましょう。

イエス・キリストは、どんなに忙しくても、
朝早く起きて、祈っておられました。

それが働きの祝福の鍵なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿