2018年11月7日水曜日

溺れて二度水の上を歩いたペテロ

117日水曜日

「主よ。助けてください。」

    マタイの福音書1430




主イエスの言葉を信じて、
舟から出て、水の上を歩き出したペテロ。

ところが、風を見て怖くなり、怯えて沈み始めます。
その瞬間、ペテロは叫びました。
「主よ。助けてください。」と。

イエス・キリストは、
すぐに手を伸ばして、彼を掴んで言われます。
「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」と。
でも水の上を歩く方が奇跡で、沈むのは当たり前なのです。

ペテロは普通の弱い人間でした。
信じて踏み出したものの、
風を見て、自分が人間だったことを思い出したのでしょう。
水の上など歩けるわけがないと思った途端、沈み始めました。
でもペテロはすぐに叫びました。
「主よ。助けてください。」と。

主はすぐに助けてくださったのです。
ペテロはもう一度、
イエス様にしっかりと捕まえられて、
水の上を歩いて舟に戻ります。

ペテロは二度水の上を歩きました。
一度目はイエスの言葉を信じて信仰で、
二度目は、主の憐れみの手に捕まって。

失敗を恐れてはいけません。
私たちはペテロと同じ弱い人間です。
信仰を持って歩き始めたものの、
風を見て怖くなり沈んだペテロのように、
状況を見て、
人の言葉を聞いて、
恐れてしまい、
うまくいかなくなり、
もうダメだと思います。
でもペテロのように叫びましょう。
「主よ。助けてください。」と。
主イエスは、すぐにあなたに手を述べて、
あなたをしっかりと掴み助け出してくださいます。
イエス・キリストは、そういうお方です。

さぁ、失敗を恐れずに踏み出しましょう。
奇跡に向かって、
不可能に向かって、
水の上に足を踏み出しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿