2018年10月7日日曜日

そのままで愛してくださるイエス・キリスト

10月7日

「わたしの心だ。きよくなれ。」

       マタイの福音書8章3節


 当時、ツァラト(らい病)は、汚れた病気と言われていました。
そのツァラト(らい病)に冒されていた人が、イエスさまのみもとに来て言いました。
「主よ。お心一つで、わたしをきよくしていただけます。」
イエスは手を伸ばして、彼にさわり、
「わたしの心だ。きよくなれ。」と言われたのです。

ツァラト(らい病)に触れると、その人も汚れると言われていました。
ですから、誰も触れることはもちろん、近づくこともしませんでした。
ところがイエス・キリストは、この人のツァラト(らい病)に触れられたのです。

イエスさまならツァラト(らい病)に触れなくても、
「きよくなれ。」と言えば、完全にツァラト(らい病)は消えて治ったはずです。
ところが、イエスさまはこの人に触れ、それから言われたのです。
「わたしの心だ。きよくなれ。」と。
すると、すぐに、この人のツァラト(らい病)は、癒されきよめられました。

イエス・キリストは、この人をツァラト(らい病)のままで愛しておられました。
ツァラト(らい病)が直ったから、愛するのではなく、
ツァラト(らい病)のままで、そのままで愛しておられたのです。

だから、そのツァラト(らい病)に手を触れられて、それから言われたのです。
「わたしの心だ。きよくなれ。」と。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。
そのままのあなたを愛しておられます。
病気であっても、弱さがあっても、足りなくても、失敗だらけでも、
そのままで、あなたを愛しておられます。
 そして、そのあなたを、いやして、きよめて、強くしてくださるのです。

イエス・キリストの愛は完全です。

0 件のコメント:

コメントを投稿