2016年11月16日水曜日

11月16日(水) さまざまな裏切り①




しかし、すべてこうなったのは、

預言者たちの書が実現するためです。」

そのとき、弟子たちはみな、

イエスを見捨てて、逃げてしまった。



マタイの福音書26章56節



イエス・キリストは、

どうして、十字架にかからなければならなかったのでしょう。



それは、私の罪を贖うため、

そして、あなたの罪を贖うためでした。



確かにそうです。



しかし、

実際にあのとき、

イエス・キリストを十字架につけたのは、

ユダヤ人の長老、祭司長、律法学者たちだったのです。



彼らのイエス・キリストへの妬みが、

十字架にまで、

イエス・キリストを追いつめたのです。



そのとき、弟子たちはどうしていたのでしょうか。

3年半の間、

イエス・キリストが、

手塩にかけて育てられた弟子たち。

主に選ばれ、

主に呼び出されて、

家族を横におき、

仕事を捨てて、

イエス・キリストに、

すべてを捨てて従いて来た弟子たち。



ところが、

この一番大事なときに、

弟子たちは、

イエス・キリストを見捨てて、

逃げ出し、裏切ったのでした。



十字架のイエス・キリストのことを書く前に、

今回は、

この弟子たちの様々な裏切りについて

書きたいと思います。



決して弟子たちを責めるためではなく、

彼らへの主の憐れみと、

私たちへの語りかけを聞くために。


0 件のコメント:

コメントを投稿