2016年11月2日水曜日

11月2日(水) イエスが示された愛の極み




さて、過越の祭りの前に、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時が来たことを知られたので、

世にいる自分のものを愛されたイエスは、

その愛を残るところなく示された。




ヨハネの福音書13章1節



イエス・キリストが、

十字架にかかる時が近づいていました。



いよいよ、

この世を去って、

父なる神のみもとに帰られる時が来たのです。



イエス・キリストが、

こよなく愛していた弟子たちとも

別れなければならない時が来ようとしていました。



それで、イエス・キリストは、

十字架にかかる前夜に、

弟子たちとともに最後の晩餐をされ、

その愛を残ることなく示されたのです。



今日からは、その時のことをお話ししましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿