2016年9月8日木曜日

9月8日(木)王室の役人の息子のいやし④






それで父親は、

イエスが「あなたの息子は直っている」と

言われた時刻と同じであることを知った。

そして彼自身と彼の家の者がみな信じた。


     ヨハネの福音書4章53節


主のことばの真実


彼がカペナウムに戻っていくために、家路を急いでいると、

向こうから彼の家のしもべがやってくるではありませんか。



しもべたちは、主人を見つけると、息せき切って言いました。



「あなたの息子さんはいやされました。完全に直られたのですよ。」



父親は大喜びしながら聞きました。



「息子はいつ直ったのだ。その時刻は。」



「きのうの7時です。」



その答えを聞いたとき、彼は驚きを隠せませんでした。



それは、まさにイエス・キリストが、

「あなたの息子は直っている」と言われた時刻だったからです。



主の力ある命のことばが語られたときと、同じ時刻に息子は直っていたのです。



主は生きておられます。

主は愛を持って、私たちの願いと叫びに答えてくださいます。



父親は喜びにあふれて大急ぎで家に帰りました。

そして、このことを家族のみんなに話したのです。

彼はもちろん、いやされた息子も、お母さんも、兄弟たちも、

家族のものはみんな、彼とともに、イエス様を信じたのです。



これが、イエスのもとに来た王室の役人に与えられた勝利でした。

死にかけた息子を抱えた父親に与えられた、すばらしい報いでした。



この息子の病気は、この家族にとって、

そして王室の役人にとって、

とっても悲惨な悲しむべきことでした。

彼らには、もう希望はなかったのです。

それどころか絶望感と無力感しか残っていませんでした。



しかし、主イエスのことを聞いたとき、

この父親に信仰が与えられ、家族に希望が与えられ、

彼らが、イエス・キリストのところに来たときに、

このもっとも悲しむべき悲劇が、

この家族にとって、もっとも喜ぶべき祝福の始まりに変わったのです。



死にかけた息子も王室の役人も、そして家族までが、永遠の命を受けたのです。

もっとも大切なものを、この病気を通して与えられたのです。

この試練を通して家族全員が、イエス・キリストを信じることができたのです。

これが何よりもすばらしい彼らへの祝福でした。

これが主です。

私たちの信じているイエス・キリストです。

0 件のコメント:

コメントを投稿