2016年7月9日土曜日

7/9(土)12年長血が完全に直った







イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。

「娘よ。しっかりしなさい。

 あなたの信仰があなたを直したのです。」

すると、女はその時から全く直った。




     マタイの福音書9章22節




イエスが立ち止まり振り向かれたのは、

ひとりの女に声をかけるためでした。



この女は12年の間、長血をわずらっている女でした。

長血というのは、今でいう婦人病のような病気でした。



彼女は、どうしても直りたくて、

あのお医者さんがいいと聞くと出かけて行き、

いろんなお医者さんにかかりましたが、よくなりませんでした。



いえ、それどころか悪くなる一方でした。

当時保険などありませんから、お金も底をつき、

精神的にも追い詰められ、彼女は本当に苦しんでいました。



その時、イエス・キリストのことを聞いたのです。



病気を治し、死人を生き返らせ、奇蹟と癒しを行っている人がいる。

しかもその人は愛の方で、そのことばには権威と力があると。



彼女は、それを聞くと、いてもたってもいられなくなりました。

でも、もうお金はありません。

それでも、どうしても、その人に会いたい。

その方に会って直していただきたい、

その方なら、きっと私を直してくださるに違いない。



今までたくさんののお金を使い、

どんなお医者さんにかかってもダメだったのに、

彼女はあきらめませんでした。



イエス・キリストのことを聞いた時、

この方なら、必ず私を直して下さる、

誰も何も直せなかった私を、

この方、イエス・キリストは必ず直してくださると信じたのです。



そう信じた彼女は、イエスのところに来たのです。

そして、イエスの周りにいるたくさんの群衆を見て、

彼女は思いました。

とてもイエス・キリストに直接お願いすることはできない。

でも、うしろから、そっとあの方の着物のふさにさわろう、

きっとそれだけで、あの方イエス・キリストなら直してくださる。

彼女はそう信じたのです。



それで、この12年の間、長血をわずらっていた女は、

イエスのうしろに来て、その着物のふさにさわりました。



「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」

と心の内で考え、信じていたからです。



と、その瞬間、

イエスは立ち止まり、振り向いて彼女を見て言われました。



「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」



すると、イエスがそう言われたその時から、

この女は全く治ったのです。



彼女が信じた通りに、

イエスのうしろから、イエスのお着物のふさにさわっただけで、

完全に直ったのです。

12年間苦しんで、誰にも直せなかった長血が完全に直ったのです。



この女は驚いたことでしょう。

信じていた通りになったのを見て、本当に嬉しかったでしょう。



イエス・キリストは、この女の信仰に答えてくださいました。

彼女の12年間の苦しみと痛みを知り、

彼女の心からの叫びに答えられたのです。



うしろから、そっとさわるだけでもいいのです。

あなたが信じているなら、

イエス・キリストは、その信仰を見て、答えてくださるのです。



これがイエス・キリストです。

この方が、私たちの信じている主イエス・キリストです。


0 件のコメント:

コメントを投稿