2016年6月1日水曜日

6/1(水) 律法を全うされた方であるイエス・キリストを信じる

 
 

わたしが来たのは

律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。

廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。

          マタイの福音書5章17
 
 
イエス・キリストは、
律法ではなく、信仰によって人は救われることを語られました。
でも律法は、どうでもよいということを言われたのではありません。
 
律法がなければ、人は罪がわかりません。
律法は必要なのです。
 
しかし、人は律法を守ることができないのです。
もちろん、ある程度は出来るかもしれません。
誠実に生きる人なら、
ほとんど守る人が、もしかしたら、いるかもしれません。
しかし、完全に律法を守り通すことは、人間には出来ないのです。
人間は律法を守り通せない罪人なのです。
だから、人は本来、天国には行けないのです。
 
しかし、神の子であり、神であられたイエス・キリストが、
人となってくださり、
人として律法の全てを、完全に全うして生きてくださったのです。
だから、私たちの罪の身代わりとなって、
十字架で私たち人間の犯した全ての罪の代価を、
その命によって、支払うことができたのです。
 
律法は狭く言えば、モーセの十戒ですが、広く言えば聖書です。
 
聖書の原語は、
新訳聖書はギリシャ語で書かれていますが、
旧約はヘブル語で書かれています。
 
ヘブル語というのは、
一点一画が違うと、全く違うことばと意味になります。
 
「律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。
 全部が成就します。」
 
とイエスは言われました。
 
つまり神の言葉である聖書は、
一点一画として、永遠に変わることはない真理の書であり、
神の言葉なのです。
 
だから、この聖書の教えである戒めのどんな小さいものの一つでも、
これを破ったり、
また、破るように人に教えたりする者は、
天の御国で、最も小さい者と呼ばれるのです。
 
しかし一方で、
この聖書の教えを守り、
また人に守るようにと教え導く者は、
天の御国で、偉大な者と呼ばれるのです。
 
当時、律法学者やパリサイ人は、
最も律法を守ろうとする人たちでした。
でも、
 
「もしあなたがたの義が、
 その律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、
 天の御国には入れません。」
 
とイエスは言われました。
 
律法学者やパリサイ人にまさる義、
人が肉で義を行おとするなら、
つまり律法を自分の力で完全に守ろうとするなら、
それは不可能です。
 
パリサイ人にまさることも難しいでしょう。
 
では、どうすればいいのでしょうか。
 
イエス・キリストは律法を全うし、義において完全なる人でした。
 
このイエス・キリストを信じて、自分の罪を悔い改める時に、
私たちは罪を赦され、キリストの義をいただいて、
義において完全なる者と見ていただけるのです。
 
そして天の御国に行くことができるのです。
 
だから、イエス・キリストを信じる時、
あなたの義も、私の義も完全なものとなり、
律法学者やパリサイ人にもまさる義となって、
必ず、天国に行くことができるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿