2016年5月31日火曜日

5/31(火) あなたがたは、世界の光です。

 
 

「あなたがたは、世界の光です。

 山の上にある町は隠れる事ができません。」

      マタイの福音書5章14
 
 
 
イエスはさらに言われました。
 
「あなたがたは、世界の光です。
 山の上にある町は隠れる事が出来ません。」と。
 
イエスはさらに続けて語られます。
 
「あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありませんね。
 燭台の上に置くでしょう。
 そうすれば、家にいる人々全部を照らすことができるからです。
  同じように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。」と。
 
あなたがたの光を人の前で輝かせるとはどういうことでしょう。
 
「人々があなたがたの良い行いを見て、
 天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」
 
とイエスは言われました。
つまり「良い行い」をすることです。
でもこう言うと、勤勉な日本人は、
きちんと良い行いをしないといけないというふうに、
すぐに律法的になってしまう傾向があるようです。
 
これは、
自分の力で頑張って良い行いをするということでは、
決してありません。
 
イエス・キリストを信じた時、
私たちの内にはイエス・キリストが住んでくださいました。
このことを「キリストの内住」と言います。
 
その内住しておられるキリストが、
私たちを通して「良い行い」をなしてくださるのです。
そのことを信じるなら、
私たちの内に住み、
私たちと共に歩いてくださるキリストが、
聖霊を通して、私たちを良い行いへと導いてくださるのです。
 
イエス・キリストを信じた時、
私たちは世界の光となりました。
頑張って世界の光になる必要はありません。
 
なぜなら、私たちはキリストを信じたので、
もう「世界の光」になっているのです。
 
男性の人は頑張らなくても男性です。
日本人の私たちは、普通にしていても日本人です。
イエス・キリストを信じた時、
私たちの内にキリストが住まわれたので、
私たちは「世界の光」となったのです。
もう頑張らなくても、普通にしていれば「世界の光」なのです。
 
だから、キリストを信頼して、
聖霊様の導きに従って歩んでいきましょう。
 
その時、燭台の上においてあるあかりが、
家にいるすべての人を照らすように、
私たちの内に住まわれるキリストが
私たちに「良い行い」をさせてくださり、
人々は、そのキリストの光に照らされて、
天におられる私たちの神さま、
真の神さまをあがめるようになるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿