2016年5月12日木曜日

5/12(木) 御霊に導かれて悪魔の試み、誘惑を受けられたイエス

さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、

   御霊に導かれて荒野に上って行かれた。

           マタイの福音書4章1節



イエス・キリストは、

30歳まで、両親に仕え、

大工として人々に仕えられました。



そして、30歳になったとき、

公生涯と呼ばれている

本来の使命、

つまり福音を宣べ伝え、

病をいやし、サタンから解放するという

人々に神様の愛を伝える直接の奉仕へ

入られました。



まず最初に、

バプテスマのヨハネからバプテスマ、

つまり洗礼を受け、



そして、最初に行かれたところは、

ユダの荒野だったのです。



なぜ荒野に行ったかというと、

悪魔の試み、

つまり悪魔であるサタンの誘惑を受けるためでした。



しかも、御霊に導かれて行かれたのです。

つまり神さまに導かれて、

イエス・キリストは、

荒野に、

悪魔の試み、誘惑を受けるために行かれたのです。



どうして、働きを始めるその前に

イエス・キリストは、

荒野で悪魔の試みを

受けなければならなかったのでしょうか。



それはイエス・キリストが

私たち、人間の通る全ての道を通られるためでした。



悪魔はイエス・キリストが、

神さまの働きにつくのを妨害し妨げてきました。

何とかして、その使命を奪おうとしたのです。



神さまも悪魔にイエスを誘惑することを許されました。

それは、私たち人間が皆、

必ず悪魔の試み、誘惑を受けるからです。



特に神様の働きをしようとする者は、

決して避けられません。

神さまは、

イエス・キリストに私たちの通る道を通させ、

私たちが悪魔に打ち勝つ者となるための道を、

まず作られ進んでいかれたのです。



イエス・キリストは

悪魔の試み、誘惑に勝利されました。



私たちも、

このイエス・キリストの後に従っていくならば、

どのような悪魔の試み、

誘惑にあおうとも勝利できるのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿