2016年5月31日火曜日

5/31(火) あなたがたは、世界の光です。

 
 

「あなたがたは、世界の光です。

 山の上にある町は隠れる事ができません。」

      マタイの福音書5章14
 
 
 
イエスはさらに言われました。
 
「あなたがたは、世界の光です。
 山の上にある町は隠れる事が出来ません。」と。
 
イエスはさらに続けて語られます。
 
「あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありませんね。
 燭台の上に置くでしょう。
 そうすれば、家にいる人々全部を照らすことができるからです。
  同じように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。」と。
 
あなたがたの光を人の前で輝かせるとはどういうことでしょう。
 
「人々があなたがたの良い行いを見て、
 天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」
 
とイエスは言われました。
つまり「良い行い」をすることです。
でもこう言うと、勤勉な日本人は、
きちんと良い行いをしないといけないというふうに、
すぐに律法的になってしまう傾向があるようです。
 
これは、
自分の力で頑張って良い行いをするということでは、
決してありません。
 
イエス・キリストを信じた時、
私たちの内にはイエス・キリストが住んでくださいました。
このことを「キリストの内住」と言います。
 
その内住しておられるキリストが、
私たちを通して「良い行い」をなしてくださるのです。
そのことを信じるなら、
私たちの内に住み、
私たちと共に歩いてくださるキリストが、
聖霊を通して、私たちを良い行いへと導いてくださるのです。
 
イエス・キリストを信じた時、
私たちは世界の光となりました。
頑張って世界の光になる必要はありません。
 
なぜなら、私たちはキリストを信じたので、
もう「世界の光」になっているのです。
 
男性の人は頑張らなくても男性です。
日本人の私たちは、普通にしていても日本人です。
イエス・キリストを信じた時、
私たちの内にキリストが住まわれたので、
私たちは「世界の光」となったのです。
もう頑張らなくても、普通にしていれば「世界の光」なのです。
 
だから、キリストを信頼して、
聖霊様の導きに従って歩んでいきましょう。
 
その時、燭台の上においてあるあかりが、
家にいるすべての人を照らすように、
私たちの内に住まわれるキリストが
私たちに「良い行い」をさせてくださり、
人々は、そのキリストの光に照らされて、
天におられる私たちの神さま、
真の神さまをあがめるようになるのです。

2016年5月30日月曜日

5/30(月) あなたがたは地の塩です。

「あなたがたは、地の塩です。」

マタイの福音書5章13節



山上の垂訓と言われるイエス・キリストの説教は続きます。



「あなたがたは地の塩です。

 もし塩が塩気をなくしたら、

 何によって塩気をつけるのでしょう。

 もう何の役にも立たず、外に捨てられて、

 人々に踏みつけられるだけです。」と。



確かに塩気をなくした塩は、もう何の役にも立ちませんね。

外に捨てられてしまいます。



イエス・キリストを信じた者は、地の塩なのです。

もちろん、私たちのうちに何かがあるのではありません。

イエス・キリストが、

信じるその人のうちに住まわれるので、

地の塩となるのです。



イエス・キリストとともに歩まず、

全く自分勝手な道に行くなら、

私たちも塩気をなくした塩になってしまいます。



気をつけましょう。



でも安心してください。

イエス・キリストが、

私たちを見捨てたり、見放したりする事は、決してありませんから。



ただ私たちが、

心の内側から聞こえてくる

イエス・キリストの声を無視して生きる時、

神さまの言葉よりも、自分の考えを大切にして歩む時、

私たちは、塩気をなくしてしまいます。



お互い、十分に注意して、主と共に行き歩んでいきましょう。

2016年5月29日日曜日

5/29(日) 喜びなさい。喜びおどりなさい。

義のために迫害されている者は幸いです。 

天の御国はその人たちのものだから。 

わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、 

ありもしないことで悪口を浴びせるとき、 あなたがたは幸いです。 

喜びなさい。喜びおどりなさい。 

天ではあなたがたの報いは大きいから。 

あなたがたより前にいた預言者たちを、 

人々はそのように迫害したのです。

マタイの福音書5章10・11・12節


イエスさまはさらに続けて言われます。



「義のために迫害されている者は幸いです。」


義のためにとは、


つまり義である方、キリストのために、


キリストのゆえに迫害をされるとき、


イエス・キリストは幸いだと言われるのです。


迫害されることは辛いこと、


厳しいこと、


大変なことと言うならわかりますが、


幸いだと言われるのです。


なぜなら、天の御国はその人たちの者だからと。


もう少し具体的に言えば、


ありもしないことを言われたり


悪口雑言言われたりするときには、


「喜びなさい。喜びおどりなさい。」


と言われるのです。



それは、そのような迫害を受けるなら


天では大きな報いを受けるからだと言われるのです。


私たちがキリストを心から愛し、真に従って行くなら、


この世では、迫害を受けることは避けられません。


サタンがこの地上を支配しているからです。


もちろん、主の許しの範囲の中かだけですが・・・


また実際に迫害をしてくるのは人ですが、


その背後にサタンが働いています。


ですから、迫害する人がいなくなったとしても、


また別の形で、別の人が迫害してくるということが起こるのです。


かつて神の言葉を語った預言者たちも、


人々から、そのように迫害されました。


時が流れ、時代が変わっても、


神の言葉を語るもの、神の言葉に生きるものは、


必ず迫害を受け、ありもしないことを言われるのです。


迫害されるのも、


ありもしないことを言われることも、


悪口雑言言われることも嬉しいことではありません。


でも喜びましょう。喜びおどりましよう。


イエスがそう言われたのですから。


私たちは、その報いを天で受けるのです。

これは確かなことです。


どんな報いでしょうか。


殉教者が受ける冠?かもしれません。


どんなものかは分かりませんが、それは確かなことです。


そして天の報いは最高の祝福なのです。

神さまは地上でも報いてくださいます。

しかし、地上の報いはどんなに長くても120年、

多くの報いは、

永遠の御国である天には持っていけないものばかりです。



しかし神さまが与えてくださる報いは、天の報いなのです。



これは永遠に残る確かな報いなのです。



天国は本当にあるからです。


そしてその天国に私たちは、イエス・キリストのみ前に悔い改め、キリストを信じたのなら、必ず行けるのです。


そして永遠に私たちはそこでやがて住まうのです。


これ以上に確かな場所、大切な場所はありません。


そこで報いを受けるのです。


だから、迫害されるとき、


ありもしないことで悪口を言われるとき、


喜びましょう。躍り上がって喜びましょう。


天で大きな報いが待っているから・・

2016年5月28日土曜日

5/28(土) 幸福(さいわい)なるかな、平和をつくる者。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

      マタイの福音書 5章9節

イエスはさらに続けて言われます。

「平和をつくる者は幸いです。」と。

イエス・キリストは「平和をつくる者」と言われました。
注意して聞いてください。
「平和を語る者」とは言っていないのです。
「平和をつくる者」と言われました。

多くの人々が平和を語ります。
しかし、
平和を語りながら誰かを責め裁き、怒っていたりします。
謝罪しなければ許さないと叫んでいたりします。
平和を語りながら、平和ではなく、争いや分裂を作っているのです。

イエスは「平和をつくる者」と言われたのには、
とても深い意味があります。

イエス・キリストは十字架にかかり、
罪と全く関係なかった方が、
罪そのものとなって、
私たちの身代わりとなり、
ご自分を罪の生贄として捧げて、
私たち罪人である人間と
聖なる方である神さまとの和解を成し遂げてくださったのです。

イエス・キリストは、
ご自分の命を捨ててまで、
私たち罪人である人間と神さまの間に
和解をもたらし、
平和を作ってくださったのです。

だから私たちも、
平和を語りながら混乱と破壊をもたらすのではなく、
イエスの足跡をたどり、
キリストの愛にならって、
平和をつくる者となりましょう。

その時、
イエス・キリストが「神の子」であったように、
私たちも「神の子」と呼ばれるからです。

2016年5月27日金曜日

5/27 メッセージ


心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。
マタイの福音書5章8節


心がきよいというと、

どんなイメージを持たれますか。



純粋、正義、嘘がない、

汚れがない、

あるいは汚れていない、

でも、そんな人はいるのでしょうか。



神さまは「聖なる方」です。

イエス・キリストは、全くきよいお方です。

聖霊なる神も全くきよい聖なる方です。



このままの私たちは、

神様に会うことも触れることもできません。

私たちには罪と汚れがあり、

神さまは全く聖なる方なので、

見ることも触れることも出来ないからです。



しかし、

私たちが自分の罪を悔い改めて、

イエス・キリストの十字架を信じるとき、

イエスの十字架の血潮の力が、

私たちの罪を赦し、汚れは洗われて、

イエス・キリストのきよさが、

罪人の私たちを覆ってくださるのです。



そのとき、私たちは、神を見るのです。

2016年5月26日木曜日

5/26(木) 幸福(さいわい)なるかな、あわれみ深い者。


 あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。

      マタイの福音書 5章7節

イエスはさらに続けて言われます。

「あわれみ深い者は幸いです。
 その人たちはあわれみを受けるから。」

イエス・キリストは、あわれみ深いお方でした。
私たちの信じている神さまは、
正義の神であると同時に
情け深く、あわれみ深い神でもあられます。

私たちが、
自分の義によってではなく、
主の示されたあわれみを持って人々に接するとき、
神さまは、私たちにも深いあわれみを注いでくださるのです。

それは、私たちを豊かな祝福で満たしてくれるでしょう。

2016年5月25日水曜日

5/25(水) 幸福(さいわい)なるかな義に飢え渇く者

「義に飢え渇く者は幸いです。

   その者は満ち足りるから。」

      マタイの福音書5章6節


イエスはさらに続けて言われます。

「義に飢え渇く者は幸いです。その者は満ち足りるから。」と。

=すなわち、正しさ、正しいことを求める者は、
日本にはあまり多くないような気がします。
和をもって尊しとする国において、
義を通すことよりも
和を重んじる傾向があるような気がします。

しかし、
本当に正しいこと、真実なこと、
正義を求めている人はいます。

そして多くの場合、
正義を求める人は失望してしまいます。
他人の中にも、
自分の中にも、
突き詰めていくと、正義はないのです。

でも落胆して、あきらめないでください。

この地上にも正しい人、義なる人がいるのです。
それは、イエス・キリストです。

この地上で、唯一、正義に生き抜いた人、
それは、ただ一人、イエス・キリストなのです。

義を求めている人は、
イエスのもとに来た時、
初めて本当に義なる方に、
正義に生き抜いた方に、出会うことができるのです。

そして、
義なる方がいることを知った時、
正義を求めて、
飢え渇いていた心が、初めて満たされるのです。

世の不義と偽りの中で、
痛み渇ききっていた心が、
神の義で満たされ、
キリストの愛にあふれた正義によって満ち足りるのです。
その喜びは、
ことばにできないほどに大きなものでしょう。

それは、
義を求めた人にしかわからない
霊的なとてつもなく大きな満たしと喜びなのでしょう。

2016年5月24日火曜日

5/24(火) 幸福(さいわい)なるかな柔和なる者


 柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。

        マタイの福音書 5章5節


さらにイエスは続けて語られます。

「柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。」と。

この柔和なという言葉は
「へりくだった」とか「謙遜」とも訳せる言葉です。

もっとわかりやすく言うと、
優しい人と言えるかもしれません。

ただ日本語で優しい人というと、
どこか弱々しさを感じますが、
ここの柔和というのは、
弱々しい優しさではありません。

柔和というのは、
旧約聖書の中で
最も偉大と言ってもいいモーセの特質でした。

旧約聖書の中の民数記というところには、
「モーセは地上の誰にもまさって非常に謙遜であった」
と書かれています。

モーセは、
イスラエルの民を、
神さまに従って
出エジプトさせた指導者でした。

彼は40年間、
エジプトで王子として
最高の生活をし
最高の帝王学を学んだ後、
エジプト人を同胞のユダヤ人を助けるために殺してしまい、
荒野に逃げて
荒野で40年間を過ごすことになるのです。

しかし、
この荒野の40年が
彼を地上で誰にもまさって
非常な謙遜な人、柔和な人にしたのです。

あなたも今もしかしたら、
荒野にいるかもしれません。

しかも長い間、荒野が許されていて、
忍耐が切れそうになっているかもしれません。

でも、
それは今のあなたにはわからなくても、
あなたを真に柔和な謙遜な人にする場所なのです。

必ず荒野を通り抜けた後、
神さまが用意してくださる受け継ぐべき地があるのです。

神さまの与えてくださる相続地、
受け継ぐべき地を、
この終わりの時代に、
荒野を通り抜けて受けていきましよう。

謙遜と柔和を
神さまが許された荒野の中で身につけて。

2016年5月23日月曜日

5/23(月) 幸福(さいわい)なるかな悲しむ者

悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。

         マタイの福音書 4章4節

さらにイエスは続けて言われます。

「悲しむ者は幸いです。
 その人は慰められるから。」

悲しんでいる人がいたら、
ふつうは可哀想な人と思うのではないかと思います。
しかし、
イエス・キリストは言われました。

悲しんでいる人は幸いなのだと。

それは慰めを受けるからです。
それも神さまからの慰め、
真の希望に至る深い慰めを受けるからです。

イエス・キリストは、
悲しみの人で病を知っていた。
と聖書に書かれています。

イエスは、単なる同情ではなく、
あなたの悲しみとその痛みを
本当にわかってくださる方なのです。

なぜなら、
イエスご自身が
その悲しみを通られたからです。

そのイエスが、
あなたを慰めてくださるのです。

もし今あなたが悲しんでいるなら、
あなたは幸いです。
あなたは慰めを、
イエス・キリストからの深い慰めを受けるからです。
その慰めは深い愛に満ち、
あなたに再び信仰を与え、
希望をもたらしてくれるでしょう。

2016年5月21日土曜日

5/21(土) 山上の垂訓① 幸いなるかな、心貧しき者。


「心の貧しい者は幸いです。 

    天の御国はその人たちのものだから。」

           マタイの福音書 53

イエスの権威と力にみちた御ことばを聞き、
愛に溢れたいやしのみわざを見た人々は、
ガリラヤから、デカポリス、エルサレム、
ユダヤおよびヨルダンの向こう岸から
大ぜいの群衆が
イエスにつき従ってきたのです。

この群衆を見て、
イエスは山に登り、
おすわりになられました。

なぜイエスは座られたのでしょうか。

それは、
当時は今とは逆で、
ユダヤのラビ(教師)
正式に教える時には座って教え、
生徒が立って、教師の話を聞いたからです。
また座って教える時は、
正式に教える時で、
重要な大切なことを教える時や話す時には
こうしてすわって話したのです。

弟子たちは
イエスのみもとに集まってきました。

そこで、
イエスは口を開いて、
彼らに教えて言われました。

「心の貧しい者は幸いです。
 天の御国はその人たちのものだから。」

口を開いてというのは、
これから大切なことを語りますよという時に使われました。

つまりこの山上の垂訓、
あるいは山上の説教は、
とても大切なイエス・キリストの弟子たちへの、
そして群衆への教えだったのです。

では、心の貧しいものはなぜ幸い、幸せなのでしょうか。

貧しいとは、
無一文で全く何も持っていない者です。
普通は、そういう人は不幸な哀れな人です。

しかし、
本当に神の前に自分は全く何もない、
無一物だと知る時、
人は初めて、
本当に神にのみより頼む者となるのです。

心が貧しいとは、そういうことで、
いくら無一物になり、物質的に貧しくても、
心が高ぶっていては、幸いではありません。
神により頼まないからです。

心の貧しい者とは、
自分の心が、
全く無力であることを知り、
ただ神さまにより頼むしかない人のことで、
その人は幸いです。
と言っているのです。

弱さを感じている人、
自分の無力さに落胆している人、
もう自分に失望して、生きてい気力も失っている人、

あなたのうちにイエス・キリストがいてくださいます。
あなたの心にキリストが住んで下さっています。
イエスは決してあなたを見捨てません。

だから、この主イエスに、より頼みましょう。
イエス・キリストにすべてをかけてみましょう。

必ず、あなたは幸いなる者、
本当に幸せな者となるでしょう。